ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  最新エントリー

新刊情報 - 最新エントリー

クリストファー・ベリー/田中秀夫監訳『スコットランド啓蒙における商業社会の理念』ミネルヴァ書房、2017年9月

(原著:https://www.cambridge.org/core/books/idea-of-commercial-society-in-the-scottish-enlightenment/52059F487B17DECB55EA164434863C1F)

出版年月日:2017年09月刊行予定
ISBN:9784623079001
判型・ページ数:A5・352ページ
予価:本体6,500円+税

目次
日本語版への序文
凡 例
本書の文献略号
序 文

第一章 スコットランド・改良・啓蒙(林 直樹)

第二章 商業・段階・社会の自然史(野原 慎司)

第三章 繁栄と貧困(逸見 修二)

第四章 市場、法、および政治(笠井 高人)

第五章 自由と商業の徳(上野 大樹)

第六章 商業の危険(逸見 修二)
 1 私的自由と公的自由
 2 分業(再論)
 3 公信用

第七章 商業社会の理念(村井 明彦)

参照文献
解 説 ベリー教授の仕事(田中 秀夫)
索  引

*以下,版元の紹介ページです。
http://www.minervashobo.co.jp/book/b288076.html
デービッド・エジャトン/坂出 健 監訳/松浦俊輔ほか訳『戦争国家イギリス―反衰退・非福祉の現代史』,名古屋大学出版会,2017年5月

※新井田智幸会員が4章を担当。

価格:5,400円
判型:A5判・上製
ページ数:470頁
刊行年月日:2017年5月29日
ISBNコード:978-4-8158-0874-7
Cコード:C3022

目次
序 章

第1章 戦間期の軍産複合体
 戦間期軍備の新しい見方
 イギリス艦隊の強さ
 海軍・産業複合体
 航空機産業および戦車産業
 武器輸出
 政治経済学と宥和政策についての考察

第2章 戦争国家とイギリスのナショナル化 1939〜55年
 経済史家と戦時経済 ―― 消える戦争経済
 軍事支出とイギリス国家の発達
 戦時経済の統制
 新しい兵器産業
 労働党と兵器産業の公有
 産業政策
 戦後における国家と産業の関係
 国防生産
 国の技術安全保障

第3章 エキスパート国家――戦間期における軍事・科学複合体
 国家公務員の中でのエキスパート
 スペシャリスト、エキスパート、プロフェッショナル
 専門技術エキスパートと軍
 軍隊におけるR&D
 学界エリートと軍事・科学複合体
 軍事R&Dの運営
 理工系公務員研究職
 戦間期の公務員における科学者や専門技術者の地位
 研究職と行政職
 国家的R&Dの成果

第4章 新世代の人々と新しい国家 1939〜70年
 新しい大臣
 軍士官、実業家、軍需省庁
 R&Dの運営
 学界の科学
 戦後の技術家に何が起きたか
 新しい階級、戦争国家、大学
 二つの公務員集団 ――研究職と行政職
 行政官と科学官の和平

第5章 反=歴史家と技術家官僚――「技術家支配期」 再考 1959〜64年
 C・P・スノー、反=歴史家
 P・M・S・ブラケット、国家と左翼
 ブラケット、労働党、科学政策
 技術家主義的近代化の政治再論

第6章 戦争国家と 「ホワイトヒート」 1955〜70年
 技術的未来主義とイギリス軍産複合体――1955〜64年
 ハイテクへの依存
 国産技術の見直し
 労働党政権
 ホワイトヒートの仕掛け
 ミンテックの技術政策
 研究科の削減
 国防に由来する産業政策
 では、「ホワイトヒート」 とは何だったのか?
 兵器産業はいったいどうなったか?

第7章 イギリス戦争国家の消滅
 イギリスはドイツとは違う (1)――リベラルなイングランド賛
 イギリスはドイツとは違う (2)――軍国派によるイギリス批判
 社会主義、労働党、戦争 ―― 福祉国家の台頭
 イギリス社会主義と復活する政治経済学
 技術家支配論的反=歴史の復活

第8章 科学・技術・産業・戦争の関係再考
 技術と戦争の歴史
 知識人、科学、技術、産業、戦争
 転 調
 科学、戦争、イギリス社会
 アメリカの軍事・科学複合体
 軍事を取り入れる
 反=歴史と下からの歴史記述

付 録
日本語版へのあとがき
監訳者あとがき

※ 以下版元の紹介ページです。
http://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0874-7.html

※原著は以下のとおりです。
EDGERTON, David, WARFARE STATE. Britain, 1920-1970, Cambridge University Press, Dec 2005
http://www.cambridge.org/catalogue/catalogue.asp?isbn=0521672317
中澤信彦・桑島秀樹編,『バーク読本 ―〈保守主義の父〉再考のために』(昭和堂,2017年8月)

出版年月日 2017/08/10
ISBN 9784812216262
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体3,200円+税

序章 〈保守主義の父〉再考のために――まえがきに代えて(中澤信彦)

第1部 バーク研究の基本問題
 第1章 受容史・解釈史のなかのバーク(犬塚 元)
 第2章 アメリカ革命とフランス革命(真嶋正己)
 第3章 インド論(苅谷千尋)

第2部 初期バークの基本問題
 第4章 崇高・趣味・想像力(桑島秀樹)
 第5章 アイリッシュ・コネクション(桑島秀樹)
 第6章 歴史叙述(佐藤 空)

第3部 バーク経済思想の基本問題
 第7章 経済思想(1)――制度と秩序の政治経済学(佐藤 空)
 第8章 経済思想(2)――財産の原理と公信用(立川 潔)
 補論 アイルランド貿易制限緩和問題(真嶋正己)

第4部 バーク法思想・政治思想の基本問題
 第9章 自然法・自然権・社会契約(高橋和則)
 第10章 国家・古来の国制・文明社会(土井美徳)
 第11章 戦争・帝国・国際関係(角田俊男)

編者あとがき
参考文献一覧
索引

※ 以下版元の紹介ページです。
http://www.showado-kyoto.jp/book/b281123.html
Yukihiro Ikeda, Annalisa Rosselli (eds.), War in the History of Economic Thought: Economists and the Question of War, Routledge, July 2017

Hardback: 9781138244733
pub: 2017-07-27

eBook (VitalSource) : 9781315276656
pub: 2017-07-20

Table of Contents

Introduction (Yukihiro Ikeda and Annalisa Rosselli)

Part 1: Before the two World Wars

1. The Food Weapon: Milestones in the History of a Concept (17th-19th centuries) (Alain Clément and Riccardo Soliani)

2. Why the Wars? And How to Pay for them? A Comparison between Hume and Smith (Daniel Diatkine)

3. Hume and Smith on Morality and War (Shinji Nohara)

4. Industrialism and War in the French Social Sciences in Early 19th Century (Philippe Steiner)

5. Studying Economics as War Effort: The First Economic Treatise in the Ottoman Empire and its Militaristic Motivations (Deniz T. Kilincoglu)

6. Economic Non-intervention and Military Non-intervention in John Stuart Mill’s Thought (Philippe Gillig)

Part 2: Japan and World War Two

7. New Liberalism in Interwar Japan: A Study of the Magazine The New Liberalism (Simpei Yamamoto)

8. Economic Research in National Higher Commercial Schools in Wartime Japan (Tadashi Ohtsuki)

9. Yasuma Takata’s Theory on Power and Race (Tsutomu Hashimoto)

Part 3: Lessons from the 20th Century World Wars

10. How to Avoid War: Federalism in L. Robbins and W. H. Beveridge (Atsushi Komine)

11. The Wartime Economy and the Theory of Price Controls (Paolo Paesani and Annalisa Rosselli)

12. From Barter to Monetary Economy: Ordoliberal Views on the Post-WWII German Economic Order (Raphaël Fèvre)

13. The Transformation of Kenneth Arrow’s Attitude toward War (Nao Saito)

Index

※ 以下版元の紹介ページです。
https://www.routledge.com/War-in-the-History-of-Economic-Thought-Economists-and-the-Question-of/Ikeda-Rosselli/p/book/9781138244733
Shigeyoshi Senga, Masatomi Fujimoto, Taichi Tabuchi (eds.) Ricardo and International Trade, Routledge, May 2017

276 pages | 24 B/W Illus.
Hardback: 9781138122451
pub: 2017-05-22
eBook (VitalSource) : 9781315168500
pub: 2017-05-18

Table of Contents

Introduction: Ricardo’s international trade theory 200 years on (Taichi Tabuchi, Masatomi Fujimoto, and Shigeyoshi Senga)

Part I: Ricardo's 'Four Magic Numbers' and Beyond

 1. A Plain Man’s Guide to David Ricardo’s Principle of Comparative Advantage (Heinz D. Kurz)

 2. Ricardo and International Trade Theory (Roy J. Ruffin)

 3. David Ricardo's Trade Theory: Anticipations and Later Developments (Andrea Maneschi)

 4. Yukizawa’s Interpretation of Ricardo’s ‘Theory of Comparative Costs’ (Taichi Tabuchi)

 5. The Ricardian System: A Graphical Exposition (Neri Salvadori and Rodolfo Signorino)

Part II: Money and/or International Values

 6. A Calm Investigation into Mr Ricardo's Principles of International Trade (Gilbert Faccarello)

 7. Money and Ricardo’s "Magic Numbers" (Jérôme de Boyer des Roches)

 8. Foreign Trade, International Values, and Gains from Trade: Ricardo, Pennington, Whewell and John Stuart Mill (Christian Gehrke)

 9. Equilibrium in the International Economy: Ricardo’s Specie Flow Mechanism ―Logic and Development (Shigehiro Naruse)

 10. On Ricardo's Two Rectification Problems (Yoshinobu Shiozawa)

Part III: Controversies over Ricardian International Trade Theory and Policy

 11. Foreign Trade, Profits, and Growth: A Comparative Study of Ricardo and Malthus (Atsushi Masunaga)

 12. J. S. Mill’s Idea of International Trade: The Inheritance from Ricardo’s Free Trade and Torrens’ Reciprocity (Masatomi Fujimoto)

 13. Ricardo and the Committee on Agricultural Distress of 1821 (Masaharu Hattori)

※ 以下版元の紹介ページです。
https://www.routledge.com/Ricardo-and-International-Trade/Senga-Fujimoto-Tabuchi/p/book/9781138122451
バルベラック/門 亜樹子訳『道徳哲学史』京都大学学術出版会、2017年6月

類型・ページ:四六上製・544頁
価格:税込 4,752円
ISBN:9784814001064
発行年月:2017年06月

※以下,版元の紹介ページです。
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2187
高哲男『アダム・スミス 競争と共感、そして自由な社会へ』講談社選書メチエ、2017年5月

発売日:2017年05月11日
価格定価: 本体1,750円(税別)
ISBN:978-4-06-258651-1
判型:四六
ページ数:288ページ

※ 以下,版元の紹介ページです。
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062586511

※ 版元の紹介ページにて試し読みができ,目次も確認できます。
斉藤尚『社会的合意と時間ー「アローの定理」の哲学的含意』木鐸社、2017年4月

発刊日:2017年4月10日刊行予定
類 型・頁数:A5判300頁
定 価:本体4000円+税
ISBN :978-4-8332-2493-2 C3031

目 次
序章

第一部 アロー『社会的選択と個人的評価』(SCIV)の解釈
第一章 道徳的ルールとしてのアローの社会的選好順序
 第一節 1951年以前の厚生経済学における科学と倫理
 第二節 SCIVにおける社会的決定プロセスと社会的厚生
 第三節 バーグソンおよびリトルとアローの論争
 第四節 SCIVの方法論的基礎
 第五節 表明された選好と道徳的選好の違い
 第六節 SCIV以降
 結論

第二章 SCIVにおけるデモクラシーと社会契約
 第一節 SCIVの政治哲学的基礎
 第二節 社会的選択理論と社会契約論の比較分析
 結論
第一部 結論

第二部 アローの定理とリベラル・デモクラシー
第三章 アローとリベラル・デモクラシー論者の論争:
 パレート原理と権利の原理の対立を中心に
 第一節 アローの定理の枠組み
 第二節 政治学におけるリベラル・デモクラシー論とアローの定理
 第三節 社会的選択理論におけるリベラル・デモクラシーとアローの定理
 第四節 リベラル・デモクラシー論における権利の原理の基礎づけ
 第五節 論争の意義と問題点
 結論

第四章 人民の政治的意義:
 立憲主義と民主主義の対立問題を中心に
 第一節 アローのデモクラシー観と現代世代
 第二節 立憲主義の二つの潮流
 結論
第二部 結論

第三部 個人の人格と個人的選好順序
第五章 「同時性」の概念への批判と「持続」の観念の導入
 第一節 アローのリベラル功利主義と現在主義
 第二節 ベルクソン『試論』における合理性分析と自由論
 結論

第六章 「持続」の観念の定式化
 第一節 すべての可能な選択肢に対する選好順序:SCIVにおけ
 第二節 ジョージェスク=レーゲンによる「持続」の観念の定式化:
 数的連続性と直観的連続性の相違点
 第三節 ベルクソンおよびジョージェスク=レーゲンの科学観
 結論
第三部 結論

第四部 リベラル・デモクラシー論における全員一致の仮定
第七章 尊厳の政治と社会契約
 第一節 決定的道徳
 第二節 尊厳の根拠としての道徳的人格
 第三節 ベルクソン『二源泉』における社会契約
 第四節 アローとの比較
 結論

第八章 社会契約とアローの定理
 第一節 社会契約の構想
 第二節 社会契約以降の社会的決定
 結論
第四部 結論
結論

補遺
おわりに
参考文献
英語要旨
索 引

*以下、版元の紹介ページです。
http://www.bokutakusha.com/2016_books/2016_books.html#link2
中川 栄治『「アダム・スミス価値尺度論」欧米文献の分析ー基本的諸問題を巡って(下)』晃洋書房、2016年10月

刊行:2016年10月
価格:15,120円(税込)
判型・頁数:A5・834
ISBN:978-4-7710-2377-2

目次
第II部 「アダム・スミス価値尺度論」研究における基本的諸問題を巡る諸
把握
--19世紀末から1970年代末--
第1章 測定対象ということを巡って
第2章 『国富論』第1篇第5章で取り扱われている問題ということを巡って
第3章 「価値の因果的説明の問題」と「価値尺度の問題」ということを巡っ

第4章 真の価値尺度としての労働--「投入された労働」、
「支配される労働」--ということを巡って
第5章 真の価値尺度を「労働」、「投入された労働」、
「支配される労働」とする際の論理・根拠ということを巡って
第6章 異質労働の問題の取り扱いということを巡って
第7章 金・銀・貨幣および穀物ということを巡って

第II部のおわりに
補論
補論I R.オドーネルの「アダム・スミス価値尺度論」解釈(1990年)
補論II 「アダム・スミス価値尺度論」研究に関する一展望

*以下、版元の紹介ページです。
http://www.koyoshobo.co.jp/booklist/11949/
サミュエル・フライシャッカー(中井大介訳)『分配的正義の歴史』 、晃洋書房、2017年3月

目次
序論
第1章 アリストテレスからアダム・スミスへ
第2章 18世紀
第3章 バブーフからロールズへ
エピローグ

ページの終端です。ページの先頭に戻る