ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  翻訳  >  M.C. マルクッツオ『市場の失敗との闘い:ケンブリッジの経済学の伝統に関する論文集』日本経済評論社,2015年7月
  • カテゴリ 翻訳 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - M.C. マルクッツオ『市場の失敗との闘い:ケンブリッジの経済学の伝統に関する論文集』日本経済評論社,2015年7月

M.C. マルクッツオ『市場の失敗との闘い:ケンブリッジの経済学の伝統に関する論文集』日本経済評論社,2015年7月

カテゴリ : 
翻訳
執筆 : 
master_u 2015-08-04
M.C. マルクッツオ『市場の失敗との闘い:ケンブリッジの経済学の伝統に関する論文集』平井俊顕 監訳,日本経済評論社,2015年7月。

[訳] 池田毅・伊藤宣広・黒木龍三・内藤敦之・長原徹・袴田兆彦・藤原新

定価:本体4600円+税
ISBN:978-4-8188-2378-5
判型:A5判
頁:402頁

・目次
第1部 個 人
 第1章 経済学の「場所」としてのケンブリッジ
 第2章 ケインズとケンブリッジ
 第3章 ケンブリッジ大学でのピエロ・スラッファ
 第4章 ケンブリッジでの著作の序文に隠れている,かの捉えにくい人物―リチャード・カーンの貢献についての評価
 第5章  ジョーン・ロビンソンと3つのケンブリッジ革命
 第6章  R.F. カーンと不完全競争
第2部 協 働
 第7章 J.M.ケインズとR.F.カーンの『貨幣論』から『一般理論』への協働
 第8章 ジョーン・ロビンソンとリチャード・カーン―短期分析の起源
 第9章 ロビンソンとスラッファ
 第10章 スラッファとケンブリッジ経済学 1928-31年
第3部 接近法
 第11章 市場の「不完全性」から市場の「失敗」へ―レッセ・フェールに対するいくつかのケンブリッジの挑戦
 第12章 マクロ経済学の代替的なミクロ経済学的基礎―L字型費用曲線に関する論争再考
 第13章 短期の経済学の回顧
 第14章 「第1次」不完全競争革命
 第15章 ケンブリッジ経済学の伝統における利潤最大化

・版元の紹介ページ
http://www.nikkeihyo.co.jp/books/view/2378

ページの終端です。ページの先頭に戻る