ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  単著
  • カテゴリ 単著 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 単著カテゴリのエントリ

斉藤尚『社会的合意と時間ー「アローの定理」の哲学的含意』木鐸社、2017年4月

発刊日:2017年4月10日刊行予定
類 型・頁数:A5判300頁
定 価:本体4000円+税
ISBN :978-4-8332-2493-2 C3031

目 次
序章

第一部 アロー『社会的選択と個人的評価』(SCIV)の解釈
第一章 道徳的ルールとしてのアローの社会的選好順序
 第一節 1951年以前の厚生経済学における科学と倫理
 第二節 SCIVにおける社会的決定プロセスと社会的厚生
 第三節 バーグソンおよびリトルとアローの論争
 第四節 SCIVの方法論的基礎
 第五節 表明された選好と道徳的選好の違い
 第六節 SCIV以降
 結論

第二章 SCIVにおけるデモクラシーと社会契約
 第一節 SCIVの政治哲学的基礎
 第二節 社会的選択理論と社会契約論の比較分析
 結論
第一部 結論

第二部 アローの定理とリベラル・デモクラシー
第三章 アローとリベラル・デモクラシー論者の論争:
 パレート原理と権利の原理の対立を中心に
 第一節 アローの定理の枠組み
 第二節 政治学におけるリベラル・デモクラシー論とアローの定理
 第三節 社会的選択理論におけるリベラル・デモクラシーとアローの定理
 第四節 リベラル・デモクラシー論における権利の原理の基礎づけ
 第五節 論争の意義と問題点
 結論

第四章 人民の政治的意義:
 立憲主義と民主主義の対立問題を中心に
 第一節 アローのデモクラシー観と現代世代
 第二節 立憲主義の二つの潮流
 結論
第二部 結論

第三部 個人の人格と個人的選好順序
第五章 「同時性」の概念への批判と「持続」の観念の導入
 第一節 アローのリベラル功利主義と現在主義
 第二節 ベルクソン『試論』における合理性分析と自由論
 結論

第六章 「持続」の観念の定式化
 第一節 すべての可能な選択肢に対する選好順序:SCIVにおけ
 第二節 ジョージェスク=レーゲンによる「持続」の観念の定式化:
 数的連続性と直観的連続性の相違点
 第三節 ベルクソンおよびジョージェスク=レーゲンの科学観
 結論
第三部 結論

第四部 リベラル・デモクラシー論における全員一致の仮定
第七章 尊厳の政治と社会契約
 第一節 決定的道徳
 第二節 尊厳の根拠としての道徳的人格
 第三節 ベルクソン『二源泉』における社会契約
 第四節 アローとの比較
 結論

第八章 社会契約とアローの定理
 第一節 社会契約の構想
 第二節 社会契約以降の社会的決定
 結論
第四部 結論
結論

補遺
おわりに
参考文献
英語要旨
索 引

*以下、版元の紹介ページです。
http://www.bokutakusha.com/2016_books/2016_books.html#link2
中川 栄治『「アダム・スミス価値尺度論」欧米文献の分析ー基本的諸問題を巡って(下)』晃洋書房、2016年10月

刊行:2016年10月
価格:15,120円(税込)
判型・頁数:A5・834
ISBN:978-4-7710-2377-2

目次
第II部 「アダム・スミス価値尺度論」研究における基本的諸問題を巡る諸
把握
--19世紀末から1970年代末--
第1章 測定対象ということを巡って
第2章 『国富論』第1篇第5章で取り扱われている問題ということを巡って
第3章 「価値の因果的説明の問題」と「価値尺度の問題」ということを巡っ

第4章 真の価値尺度としての労働--「投入された労働」、
「支配される労働」--ということを巡って
第5章 真の価値尺度を「労働」、「投入された労働」、
「支配される労働」とする際の論理・根拠ということを巡って
第6章 異質労働の問題の取り扱いということを巡って
第7章 金・銀・貨幣および穀物ということを巡って

第II部のおわりに
補論
補論I R.オドーネルの「アダム・スミス価値尺度論」解釈(1990年)
補論II 「アダム・スミス価値尺度論」研究に関する一展望

*以下、版元の紹介ページです。
http://www.koyoshobo.co.jp/booklist/11949/
村井明彦『グリーンスパンの隠し絵〜 中央銀行制の成熟と限界』(上下巻)名古屋大学出版会、2017年3月

価格 3,600円(各巻)
判型 A5判・上製
頁数 (上巻)326頁、(下巻)290頁
ISBNコード(上巻)978-4-8158-0869-3、(下巻)978-4-8158-0870-9

上巻目次
はじめに
 グリーンスパンという神話 / リバタリアンの中央銀行家? / 背景としての大陸経済学/ 本書の構成とねらい

第I部 グリーンスパンのアイン・ランド・コネクション
 第1章 我あり、ゆえに我思う
  1 マンハッタン・マン
    輪中都市に生まれて / 音楽と数学に魅かれて
  2 我あり、ゆえにわれ思う
    アイン・ランドとは誰か / ランド哲学の要諦 / 理性の復権 / 人間の本源的利己性 / 取引者がつくる資本主義社会
  3 資本主義はまだ成立していない
    経済学者の裏切り / 部族主義なる古代の遺物
  4 葬儀屋の反デカルト的転回
    自分の存在を疑う葬儀屋 / 葬儀屋とランドの対立と融和 / 批判からランドを護るグリーンスパン

 第2章 中央銀行を嫌う中央銀行家の肖像
  1 ニューヨークのリバタリアン・コネクション
    ニューヨークに集う大陸知識人たち / NBI (ブランデン研究所) / オーストリア学派とランド
  2 「自由社会の経済学」 の反連邦準備論
    師グリーンスパン / 「自由社会の経済学」 講義
  3 「金と経済的自由」 の金本位制論
    論文 「金と経済的自由」 / 大恐慌を生んだ連邦準備 / 金本位制と福祉国家の二律背反 / 中央銀行が大嫌いな未来の中央銀行総裁
  4 パークスとの対話
    フェドスピークと日常語 / そんなことを聞きたがる人間はいませんよ
  5 ロン・ポールとの議会討論
    擬似金本位制 / オーストリア学派を讃えるグリーンスパン

 第3章 グリーンスパンの資本理論
  1 商学的経済学
    経済分析への船出 / ユニークなマクロ経済学観
  2 利子率と景気循環
    中世から続く利子理論の伝統 / ABCT の概要
  3 論文 「株価と資本価値評定」
    将来割引率 / 論文 「株価と資本価値評定」
  4 グリーンスパンとケインズの距離
    流動性選好と資本の限界効率 / ケインズと違う株価決定論 / ケインズと違う完全雇用仮定
  5 ミーゼス理論と 「株価と資本価値評定」
    グリーンスパンの資本理論 / ABCT 発展の試み

 補論1 二つの経済学
  1 二つの限界原理
    従来の経済学史の盲点 / 限界革命における視点の相違 / メンガーの革新性
  2 限界革命の革命限界
    等価交換など存在しない / アリストテレスの呪縛 / 限界革命における主観性の欠如 / ワルラスの場合 / 限界革命の革命限界
  3 均衡した循環、ERE (均等循環経済)
    英米経済学の単期合理性と静態効率 / 一般一時均衡を超えて一般恒久均衡を確立した ERE
  4 ABCT (オーストリア学派景気循環論)
    貨幣に限界原理を適用するという問題 / 不況期の無妨害市場と妨害市場

第II部 ワシントンでの二十一年
 第4章 CEA と臨床経済学
  1 福祉国家と CEA
    アメリカの国難と CEA / グリーンスパン、CEA 委員長に就任する
  2 EMMT (有効貨幣変動論)
    論文 「金融理論の応用」 / 議論の背景と要点
  3 1974年の景気後退と週間 GNP
    1974年に起きたこと / グリーンスパンの診断
  4 大膨張下のフォードノミクス
    大膨張と投資の短期化 / ケインズは生まれる前に論駁されていた / フォードノミクス
  5 フォード時代にあった新自由主義の起源
    フォードに信頼されるグリーンスパン / 響き合うフォードとグリーンスパン
  6 宿題としての金融政策
    グリーンスパンの大膨張分析 / 政府や FRB を批判し代案を示す CEA 委員長
 
 第5章 大平準
  1 予防的利上げと大平準
    大平準とは? / FOMC での議論と予防的利上げ
  2 大平準とフリードマンの問い
    フリードマン、敗北を認める / 途方に暮れています
  3 マンキューの評価
    驚くべき安定性 / グリーンスパン不在のグリーンスパン論
  4 テイラー・ルールのパラドクス
    線形式型ルールの盲点 / 数値は何を語るか?

下巻目次
第II部 ワシントンでの二十一年 (承前)
 第6章 「根拠なき熱狂」 講演の根拠
  1 「根拠なき熱狂」 講演
    講演の構成と主旨 / 戦後金融政策史と 「根拠なき熱狂」
  2 ゴンザレスの詰問と 「消えた博論」 騒ぎ
    「中央銀行の独立性」 の無意味 / 批判する側の無知
  3 ブライアンの 「金の十字架」 演説と連邦準備
    「金の十字架」 演説とインフレ主義 / ブライアンと連邦準備創設 / あれから百年
  4 「根拠なき熱狂」 講演の根拠
     大平準の幕引き / 民主主義と中央銀行の二律背反

 補論2 政策適用による経済学の科学性の検証
  1 経済学関係論と経済機械観
    経済学の五つの手法 / 経済を機械と見たい経済学者たち / グリーンスパンの立ち位置の理由
  2 ブレンターノの復古的刷新とその衝撃
    科学基礎論としての精神作用学 / 価値評定における情意と理性
  3 社会科学の科学性とモダニティ
    科学の説明力と操作力 / 実在的自然法の支配と経済学

第III部 第二次大恐慌と中央銀行制の限界
 第7章 第二次大恐慌
  1 第二次大恐慌とその原因
    大恐慌の再来 / 国際要因の非重要性
  2 危機直後のグリーンスパン
    論文 「危機」 / 危機の原因と擬似金本位制の出口戦略 / シュレーディンガーの猫の死亡
  3 オーストリア学派からの批判
    ハイエク程度の人物 / 承知のうえで不誠実なことをした
  4 主流派からの批判および応答
    テイラーとの応酬 / マンキューのコメント / 「怪」 発言の真意

 第8章 企業の固定資本投資と擬似金本位制
  1 企業家と経済学体系
    完全競争と無妨害競争 / 二つの競争理論と二つの経済学
  2 積極主義と対リスク萎縮
    善意で市場を混乱させ続ける政府 / CFR インタビュー
  3 大膨張と大平準の示唆
    企業家と帰属理論 / 政策形成におけるイデオロギーの役割
  4 景気循環と経済運営の常識
    グリーンスパンの政策原理 / 景気循環は経済の正常な姿である

 第9章 中央銀行のパラドクス
  1 貨幣の起源と微少準備銀行のしくみ
    貨幣起源の理論と銀行業 / 微少準備銀行制
  2 一般人を貨幣から隔離する中央銀行
    微少準備銀行制からの中央銀行の生成 / 一般人の貨幣からの隔離
  3 金融規制と非伝統的金融政策
    金融規制の有害性 / 量的緩和の有害性
  4 金の市場性と至上性
    中央銀行家の苦境と金の存在感 / 擬似金本位制と金本位制

 補論3 現代を近代より退行させた大恐慌
  1 19世紀の金融論争とその意味
    ボイドとキングの大陸経済学的分析 / ウィートリとリカードの英米経済学的分析
  2 19世紀の経済安定とその秘密
    貨幣制度と物価の長期推移 / 金本位制とデフレ成長
  3 物価安定という貨幣インフレ
    貨幣増の効果の理論と物価 / 物価安定型貨幣インフレと大恐慌 / 大恐慌期の主なデータ
  4 大恐慌と歴史の退行
    金の十字架、連邦準備創設、物価安定論、大恐慌 / 人間・国家・社会科学技術

・以下、版元の紹介ページです。
(上巻)http://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0869-3.html
(下巻)http://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0870-9.html
八木紀一郎『国境を越える市民社会 地域に根ざす市民社会』桜井書店、2017年3月

価 格  3,000円 (税込:3,240円)
ISBN 978-4-905261-35-3
発売日 2017年03月

第1章 国境を越える市民社会
第2章 世界市場の統合とガバナンス問題
第3章 制度形成の理論と市民社会論
第4章 社会経済体制の進化と公共性
第5章 移行経済と経済統合
第6章 体制転換と制度の政治経済学
第7章 グローバリゼーションと地域経済統合
第8章 NAFTAのもとでの米墨国境経済
第9章 動揺する欧州統合と移民問題
第10章 グローバリゼーションとEU結束政策
第11章 欧州統合と地域政策の新しい役割
第12章 地域市民社会とソーシャル・キャピタル
第13章 災害の空間・時間構造と市民的公正
第14章 資本主義に未来はあるか
小沼宗一『経済思想の歴史―ケネーからシュンペーターまで―』創成社、2017年2月

判型 : 四六
頁数 : 256頁
ISBN: 978-4-7944-3175-2
価格 : 1,944円(税込)

目 次
第1章 ケネーの経済思想
第2章 アダム・スミスの経済思想
第3章 マルサスの経済思想
第4章 リカードウの経済思想
第5章 J.S.ミルの経済思想
第6章 マーシャルの経済思想
第7章 ケインズの経済思想
第8章 シュンペーターの経済思想

・以下、版元の紹介ページです。
http://www.books-sosei.com/book/31752.html
中川辰洋『カンティヨン経済理論研究』日本経済評論社、2016年10月。

定価:本体8500円+税
ISBN:978-4-8188-2444-7
判型:A5判
頁:320頁
刊行:2016年10月

以下,版元の紹介ページからの引用です。

内容紹介
価格機構、企業者、所得流通フロー――租税を除く全領域を論じた「経済学の最初の論文」(ジェヴォンズ)の著者リシャール・カンティヨンの本邦初の研究書にして決定版。

目次
序章 課題と視角

第1章 カンティヨンの生涯と作品

第2章 カンティヨンの経済理論と『商業試論』


第3章 『商業試論』の諸問題

終章

付論?. カンティヨン―ケネー―テュルゴー
――18世紀フランス価値学説形成の歴史的考察

付論?. 「資本」概念成立探究
――馬場宏二「資本・資本家・資本主義」を中心にして

・版元の紹介ページ
http://www.nikkeihyo.co.jp/books/view/2444
川俣雅弘『経済学史』培風館、2016年10月。

定 価:3,888円(本体3,600円+税)
サイズ: 全集・双書
ページ数: 307p
ISBN:9784563062576

・目次
経済学史とは何か

重商主義とフィジオクラシー

スミスと経済学の成立

リカードの経済学

イギリス古典派経済学の展開:マルサスとミルの経済学

マルクス経済学

限界理論の先駆者と競争市場の理論

ジェヴォンズの経済学

ワルラスの一般均衡理論とローザンヌ学派

メンガーの経済学とオーストリア学派

マーシャルの経済分析とケンブリッジ学派

ケインズとマクロ経済学の展開

一般均衡理論の展開

社会的選択と厚生

ゲーム理論と現代経済学の潮流

・参考
http://books.rakuten.co.jp/rb/14491162/
宮田純『近世日本の開発経済論と国際化構想:本多利明の経済政策思想』御茶の水書房、2016年10月。

定価 9,720 円 (本体9,000 円+税)
ISBN 978-4-275-02048-2
発売日 2016/10

・目次
序章  本書の分析視角と内容構成‐近世日本の開発論と国際化構想に関する理解に寄せて‐

第?部 近世日本の国内開発構想としての本多利明の日本国「豊饒」化構想
    ‐『自然治道之弁』・『河道』・『西薇事情』の分析を中心として‐
 
 第一章 本多利明と利明研究史
 第二章 『自然治道之弁』における本多利明の政策理念「自然治道」と
       根幹的「治道」としての「渡海運送交易」政策
 第三章 『自然治道之弁』における日本国「豊饒」化プラン
 第四章 『河道』における関東「豊饒」化プラン
 第五章 『西薇事情』における備後国「豊饒」化プラン
 補論1 対外交易論の展開に関する付言
 補論2 利明の船舶技術論に関する付言

第?部 近世日本の国際化構想としての本多利明の対外交易論
    ‐『西域物語』・『経世秘策』・『交易論』・『経済放言』の分析を中心として‐
 第六章 『西域物語』における対外交易論
 第七章 『経世秘策』における対外交易論
 第八章 『交易論』における対外交易論
 第九章 『経済放言』における対外交易論

終章 結論‐近世日本の国内開発・国際化構想としての本多利明の経済政策思想の総合的位置づけ‐

付録(1)本多利明研究文献一覧―一八九三年?二〇一六年における研究成果
付録(2)本多利明の翻刻化資料一覧
付録(3)本多利明関連年表

・版元の紹介ページ
http://rr2.ochanomizushobo.co.jp/products/978-4-275-02048-2
伊藤宣広『投機は経済を安定させるのか?:ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』を読み直す』現代書館、2016年8月。

判型:四六判 上製
240ページ
定価:2200円+税
ISBN:978-4-7684-1008-0

・版元の紹介ページ
http://www.gendaishokan.co.jp/new01.htm
中野力、『人口論とユートピア―マルサスの先駆者ロバート・ウォーレスー』、昭和堂、2016年6月

出版年月日  2016/06/10
ISBN   9781812215357
判型・頁数 A5・344ページ
定価      本体6,000円+税

【目次】
はじめに

第1章 マルサスの先駆者としてのウォーレスの経済論と人口論――海外四学位論文をめぐって

第2章 ロバート・ウォーレスの宗教論――前期ウォーレス

第3章 1740年代のウォーレス――ウォーレスの経済論の萌芽

第4章 1750年代前半のウォーレス――『人口論』と『従順な服従』

第5章 1750年代後半のウォーレス(1) ロバート・ウォーレスと「『ダグラス』論争」――演劇とスコットランド教会

第6章 1750年代後半のウォーレス(2) ロバート・ウォーレスとジョン・ブラウンの政治・経済思想

第7章 1760年代のウォーレス(1)ロバート・ウォーレスの描くユートピア――人智と神慮との関連で

第8章 1760年代のウォーレス(2)ロバート・ウォーレスとモーペルテュイの幸・不幸論

第9章 1760年代のウォーレス(3)ロバート・ウォーレスとケイムズ卿の自由・必然論

第10章 ウォーレス、ゴドウィン、マルサスの人口論とユートピア――マルサスの先駆者としてのウォーレス

第11章 ウォーレスとマルサスの人口論――ハズリットのマルサス批判を中心に


版元の紹介ページです。
http://www.showado-kyoto.jp/book/b226402.html

ページの終端です。ページの先頭に戻る