ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  単著
  • カテゴリ 単著 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 単著カテゴリのエントリ

伊藤哲『「見えざる」社会:想像力の真価とアダム・スミス』八千代出版、2010年9月。

税込価格:2625円
ISBN978-4-8429-1525-8
4/6判 / 並製 / 272頁 / 2010-09発行

・目次
第1部:私の素直な気持ち―現実への危機感―
 私たちは「共感」できる時間を持っているだろうか?
 「共感」をする時間がない
 情報化社会が想像力を萎縮させる
 ゆとり教育が想像力を弱くした?
 想像力の欠落が悪行を生む
 効率性が想像力を削いできた
 「知りたい」という姿勢こそが「共感」を育む
 近代の先駆者たち―近代市民社会的人間について―

第2部:アダム・スミスの気持ち―近代からの伝言―
 「同感」について
 相互的同感の喜びについて―私たちは互いに同じ感情を持ちたい―
 私の感情と他者の感情が一致するとは―是認の感情―
 主要当事者と観察者
 道徳哲学とは
 道徳諸感情の腐敗について
 「徳の性格」とは
 愛すべき対象になりたい私たち
 大人の責任として―「……らしさ」、「……という形」を表現しよう―

第3部:「見えざる」社会の実現に向けて―高慢と経済社会と教育と―
 見えざる日本の未来
 「見えざる手」とは?
 「高慢」はコミュニケーション能力
 教育を考える
 おわりに―「見えざる」社会を実現しよう―

・版元の紹介ページ
http://www.yachiyo-net.co.jp/books/item_618.html
和田重司『資本主義観の経済思想史』中央大学出版部、2010年9月。

価格 4095円(税込)
本体 3900円(税抜き)
A5判・350頁
ISBN:978-4-8057-2176-6
2010年発行

・目次
第1章 ジェームズ・ステュアートと形成期の資本主義観
第2章 アダム・スミスの資本主義観
第3章 アダム・スミスの経験科学と神学の問題
第4章 スミスからミルへ:「自然的」と「人為的」
第5章 スミスの同感理論からJ.S.ミルの代議制論へ
第6章 J.S.ミルとマルクスの資本主義観
第7章 マルクスの資本主義観
第8章 マーシャルの「騎士道の社会主義」
第9章 G.E.ムーアの倫理学とJ.M.ケインズの資本主義観
終章 総括:資本主義観の経済思想史

・版元の紹介ページ
http://www2.chuo-u.ac.jp/up/isbn/ISBN978-4-8057-2176-6.html
星野彰男『アダム・スミスの経済理論』関東学院大学出版会、2010年10月。

予価(税込)2,520円((税抜)2,400円)
A5判 240 頁
ISBN978-4-901734-39-4

・目次
序論 バブルと価値法則
第1章 『国富論』の基本命題
第2章 才能論と価値論
第3章 商業社会と資本制社会
第4章 モデル形成におけるスミスとリカードの相違
第5章 支配労働価値論におけるスミスとリカードの相違
第6章 スミス価値論批判への反批判
第7章 価値法則としての「見えざる手」
第8章 スミスと重農主義の相違:羽鳥卓也氏の論評に答える
第9章 A・スミス生産的労働論の検証
補論1 価値(経済学における)
補論2 書評・矢嶋道文『近世日本の「重商主義」思想研究』
補論3 私の経済観
若田部昌澄『「日銀デフレ」大不況:失格エリートたちが支配する日本の悲劇』講談社、2010年7月。

発行年月日:2010/07/29
サイズ:四六判
ページ数:303
ISBN:978-4-06-216394-1
定価(税込):1,680円

・版元の紹介ページ
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2163942&x=B
松尾匡『不況は人災です!:みんなで元気になる経済学・入門』筑摩書房、2010年7月。

定価:1,680円(税込)
刊行日: 2010/07/05
判型:四六判
ページ数:224
ISBN:978-4-480-86403-1
JANコード:9784480864031

・版元の紹介ページ
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480864031/

・著者による補足・訂正情報
http://d.hatena.ne.jp/desert_boat/
須永隆『プロテスタント亡命難民の経済史:近世イングランドと外国人移民』昭和堂、2010年6月。

価格4,725円(税込)
2010年6月発行
A5 336頁
ISBN978-4-8122-1031-4

・目次
第1章 ヨーロッパの宗教戦争とイングランドへのプロテスタント亡命難民
第2章 16世紀後半のイングランド経済と技術移転
第3章 ロンドンにおける亡命難民社会の形成と移民政策の展開
第4章 イングランドにおけるカルヴィズムの受容と規律の形成
第5章 ロンドン・フランス人教会とピューリタニズム
第6章 地方都市コルチェスターにおける亡命難民の定住と移民政策の特色
第7章 ロンドンにおけるユグノーの定住とその職業構成についての考察
第8章 名誉革命前後の難民受容れの論理と拒絶の論理
第9章 「ナントの王令」廃止前後のフランス人教会と難民救済
終章 イングランド社会と亡命難民

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-gakujutsu.co.jp/showado/mokuroku/detail/ISBN978-4-8122-1031-4.html
向井公敏『貨幣と賃労働の再定義:異端派マルクス経済学の系譜』ミネルヴァ書房、2010年4月。

出版年月日:2010/04/15
ISBN:9784623057153
判型・ページ数:A5・376ページ
定価:本体4,000円+税

・目次
凡 例
序 章 本書の課題と方法
    ルービンからネグリまで
 第I部 マルクス価値論のプロブレマティーク
第1章 抽象的人間労働の存在論
第2章 ルービン以後のマルクス
第3章 労働価値論から貨幣的価値論へ
第4章 商品・貨幣関係の再定義
 第II部 賃労働関係論の再構築に向けて
第5章 労働過程の統制と内部労働市場
第6章 労働力の再生産と失われた「賃労働」の部
第7章 マルクスとネグリ
補遺 『経済学批判要綱』をめぐる諸問題
引用文献一覧
あとがき
人名索引

・版元の紹介ページ
http://www.minervashobo.co.jp/book/b62337.html
村田和博『19世紀イギリス経営思想史研究:C.バベッジ、J.モントゴメリー、A.ユア、J.S.ミルの経営学説とその歴史的背景』五絃舎、2010年02月。

頁数:326ページ
出版社:五絃舎 (2010/2/20)
ISBN-10:4901810863
ISBN-13:978-4901810869
発売日:2010/2/20
定価:本体3800円
牧野邦昭『戦時下の経済学者』中央公論新社、2010年6月。

初版発行日:2010/6/10
判型:四六判
ページ数:256ページ
定価:2205円(本体 2100円)
ISBN:978-4-12-004134

・版元の紹介ページ
http://www.chuko.co.jp/zenshu/2010/06/004134.html
姫野順一『J. A. ホブスン:人間福祉の経済学』昭和堂、2010年6月。

定価:本体4000円
ISBN:9784812210024

・目次
第I部 人間福祉経済学の形成
第1章 不均衡経済構造認識の起源―『産業の生理学』の新自由主義
第2章 貧困観の旋回―機械と貧困
第3章 「機械生産」と社会的余剰
第4章 ラスキン論
第5章 「社会経済学」としての人間福祉の経済学
第6章 国際貿易政策と帝国主義―新自由主義の自由貿易論/補論1
第7章 政策論としての「帝国主義論」―P.Cain、P.Clarke論争に寄せて/補論2
第8章 ジャーナリズムと「異端の経済学者」
第II部 新自由主義の思想形成と政策展開
第9章 急進主義の伝統と国家―ジョレミー・ベンサム、J.S.ミル、ウォルター・バジョット
第10章 席末自由主義経済学における国家
第11章 社会進化論の展開
第12章 フェビアン協会と集散主義―ウィリアム・クラークとシドニー・ウェッブ
第13章 世紀末における新自由主義の形成
第14章 ホブハウスの新自由主義―初期の道徳的機会国家
第15章 1920年代における「人間福祉の経済学」と経済学批判
第16章 「人間福祉の経済学」の展開
補章1 ケインズは自由主義者か
補章2 2000年におけるホブスン研究の地平―経済思想史研究の視点からみた「ジェントルマン資本主義」論争

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-gakujutsu.co.jp/showado/mokuroku/detail/ISBN978-4-8122-1002-4.html

ページの終端です。ページの先頭に戻る