ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  論集
  • カテゴリ 論集 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 論集カテゴリのエントリ

Economists and War: A heterodox perspective

Edited by Fabrizio Bientinesi, Rosario Patalano
Publisher: Routledge
ISBN: 9781138643970

Table of Contents

Introduction Fabrizio Bientinesi and Rosario Patalano

1 An ‘Austrian’ Point of View on Total War: Stefan T. Possony
Fabrizio Bientinesi

2 The Evolution of the Economic Thought Confronted with World War I and the Reparations’ Issue
Fanny Coulomb

3 Third Way, Liberalism and the Crisis of Civilization: Wilhelm Röpke Facing the Second World War
Alberto Giordano

4 From Pacifism to Political Realism: The Economics and Sociology of War in Vilfredo Pareto
Terenzio Maccabelli

5 The Economics of Peace in the History of Political Economy
Fabio Masini

6 Italian Economic Analyses of the First World War: ‘Historical Materialism’ Versus ‘Pure Economics’
Luca Michelini

7 Changes in the Pacifism of Akamatsu Kaname from the Interwar Period to WWII
Tadashi Ohtsuki

8 War in Sismondi’s Interpretation of Modern Capitalism: Fresh Analytical Perspectives
Letizia Pagliai

9 How to Pay for the War: Military Spending and War Funding in Italian Economic Thought (1890?1918)
Rosario Patalano

10 Productive Powers and War in Friedrich List’s Theory of Economic Development
Stefano Spalletti

11 Keynes on the Role of the ‘Insane and Irrational Springs of Wickedness’ in War
Ted Winslow

・版元の紹介ページ
https://www.routledge.com/Economists-and-War-A-heterodox-perspective/Bientinesi-Patalano/p/book/9781138643970

Tadashi Ohtsuki
Chapter 7
Changes in the Pacifism of Akamatsu Kaname from
the Interwar Period to WWII

上記論文は「国際情報発信力向上のための海外派遣プログラム」の成果です。
http://jshet.net/docs/society/kaigai2014_youkou.pdf
宇都宮京子・小林純・中野敏男・水林彪編『(生誕150周年記念論集)マックス・ヴェーバー研究の現在〜資本主義・民主主義・福祉国家の変容の中で〜』創文社、2016年11月。

単行本: 417ページ
出版社: 創文社 (2016/12/8)
言語: 日本語
ISBN-10: 4423800292
ISBN-13: 978-4423800294
発売日: 2016/12/8
価格 8,100円(本体7,500円)

目次
第1部 資本主義の変容とその新たな精神(資本の増殖欲求と労働
 近代と宗教―禁欲的プロテスタンティズムと神秘主義)

第2部 民主主義と福祉国家(支配と自己統治―憲法「改正」問題についての
ヴェーバー的読解の試み
 価値自由と福祉国家―ヴェーバーからミュルダール、そして現代へ
 権力論と社会的なものの概念―ヴェーバーとフーコーから)

第3部 生誕一〇〇周年と一五〇周年―二つの証言(歴史社会学と責任倫理―生誕
一〇〇年記念シンポジウムの一総括
 マックス・ヴェーバーの多くの顔―生誕一五〇周年記念国際会議の比較考察)

・版元紹介ページ
http://www.sobunsha.co.jp/bookinfo/saikin.html
柳田芳伸・山崎好裕編『マルサス書簡のなかの知的交流』昭和堂、2016年11月。

出版年月日:2016/11/30
ISBN:9784812216071
判型・ページ数:A5・356ページ
定価:本体3,600円+税

目次
マルサス書簡一覧表

第一章 マルサス=ゴドウィン人口論争の一展開
    ――マルサスのゴドウィン宛て書簡(1798年8月20日)を中心に

第二章 『人口論』第二版書評以降のA・ヤングとマルサスとの知的交流

第三章 救貧法改革におけるウィットブレッドとマルサスの交流

第四章 マルサスとパーネル
    ――アイルランドの一〇分の一税制度の改革と関連して

第五章 地金論争期におけるジェフリー、ホーナーとマルサス
    ――ホーナーの金融思想に与えたマルサスの影響を中心に

第六章 救貧法をめぐるマルサスとチャーマーズ

第七章 マルサス植民政策論の態様と変遷
    ――ウィルモット‐ホートン宛マルサス書簡の調査から

第八章 マルサスとケンブリッジ帰納論者
    ――ヒューウェル宛マルサス書簡を通して

・版元の紹介ページ
http://www.showado-kyoto.jp/book/b252591.html

※ 山崎好裕氏の「崎」は,正確には,「崎」の「大」部分が「立」(立つ崎)です。
Valerie Sanders and Gaby Weiner (eds.) Harriet Martineau and the Birth of Disciplines: Nineteenth-century intellectual powerhouse, Routledge, 2017.

・版元の紹介ページ
https://www.routledge.com/Harriet-Martineau-and-the-Birth-of-Disciplines-Nineteenth-century-intellectual/Sanders-Weiner/p/book/9781472446930
岡澤 憲芙 編著, 斉藤 弥生 編著『スウェーデン・モデル』彩流社、2016年01月25日

四六判 / 304ページ / 並製
定価:2,200円 + 税
ISBN:978-4-7791-7045-4 C0336
書店発売日:2016年01月25日


はじめに 「プラグマティックな実験国家」
●岡澤憲芙(早稲田大学名誉教授)

第1章 《スウェーデン・モデル》
:継承と展開:女性・高齢者・在住外国人
●岡澤憲芙

第2章 スウェーデンの女性環境
●木下淑恵(東北学院大学教授)

第3章 スウェーデンの高齢者環境
●斉藤弥生(大阪大学教授)

第4章 スウェーデンにおける在住外国人環境
●清水由賀(早稲田大学地域・地域間研究機構 研究助手)

第5章 スウェーデンの子ども・子育て環境
●吉岡洋子(頌栄短期大学准教授)、
●佐藤桃子(大阪大学大学院博士後期課程)

第6章 スウェーデンの障害者環境
●是永かな子(高知大学准教授)

第7章 スウェーデン・モデルの起点
――一九三〇年代における経済・福祉思想――
●藤田菜々子(名古屋市立大学准教授)

第8章 スウェーデンの税制と企業活動
●福島淑彦(早稲田大学教授)

第9章 スウェーデンの安全保障政策の展開
――単独主義、国際主義、地域主義の相克――
●吉武信彦(高崎経済大学教授)

第10章 開花期のスウェーデン・モデル
●清水由賀

第11章 スウェーデン・モデル
グローバリゼーションのなかの揺らぎと挑戦
●秋朝礼恵(高崎経済大学准教授)

おわりに
●斉藤弥生 

版元の紹介ページ
http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-7045-4.html
山形浩生監修『第三の産業革命:経済と労働の変化』、KADOKAWA/角川学芸出版、2015年2月。

【角川インターネット講座】 第10巻
ISBN 978-4-04-653890-1

・目次
第1部  インターネット経済の原理
 序章  ネットが招いた変化から
     未来を読み解く  …山形 浩生 著
 第1章 「ネットワーク経済」の法則
     アトム型産業からビット型産業へ  …カール・シャピロ 著
  ハル・ロナルド・ヴァリアン 著
  宮本 喜一 訳
 第2章 ホワイトカラー真っ青  …ポール・ロビン・クルーグマン 著
  山形 浩生 訳
     
第2部  産業の変化
 第3章 ノウアスフィアの開墾  …エリック・スティーブン・
  レイモンド 著
  山形 浩生 訳
 第4章 メディア化する企業  …小林 弘人 著
  柳瀬 博一 著
 第5章 メイカー運動とファブ社会
     変容するモノと製造の概念  …田中 浩也 著
 第6章 情報、文化、コンテンツ産業  …田中 秀臣 著

     
第3部  産業をとりまく環境
 第7章 情報による新しい労働形態  …比嘉 邦彦 著
 第8章 インターネットと都市
     産業経済の変化  …小長谷 一之 著
 第9章 インターネットと金融
     弱体化する貨幣経済  …斉藤 賢爾 著
 第10章 社会という「系」の行方  …山形 浩生 著

・版元の紹介ページ
http://kci-salon.jp/books/10/
筒井清忠編『昭和史講義:最新研究で見る戦争への道』筑摩書房、2015年7月。

シリーズ:ちくま新書
定価:本体880円+税
Cコード:0221
整理番号:1136
刊行日: 2015/07/06
判型:新書判
ページ数:288
ISBN:978-4-480-06844-6


・目次
ワシントン条約体制と幣原外交
普通選挙法成立と大衆デモクラシーの開始
北伐から張作霖爆殺事件へ
ロンドン海軍軍縮条約と宮中・政党・海軍
満州事変から国際連盟脱退へ
天皇機関説事件
二・二六事件と昭和超国家主義運動
盧溝橋事件―塘沽停戦協定からトラウトマン工作失敗まで
日中戦争の泥沼化と東亜新秩序声明
ノモンハン事件・日ソ中立条約
日独伊三国同盟への道
近衛新体制と革新官僚
日米交渉から開戦へ
「聖断」と「終戦」の政治過程
日本占領―アメリカの対日政策の国際的背景

・版元の紹介ページ
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480068446/
大村泉・渋谷正・窪俊一編著『新MEGAと『ドイツ・イデオロギー』の現代的探究:廣松版からオンライン版へ』八朔社、2015年4月。

A5判 344ページ 並製
定価:3,500円+税
ISBN 978-4-86014-072-4

・目次
序 文
第1章 廣松版の根本問題
第2章 新MEGA I/5のコンセプト
第3章 新MEGAと草稿テキストの成立史的編集方法
第4章 デジタル版編集の合意事項
第5章 オンライン版のコンセプト
第6章 草稿『ドイツ・イデオロギー』右欄書込みの扱いを考える
第7章 マルクスのギューリヒ抜粋をめぐって
第8章 ファーガソンと史的唯物論
第9章 『ドイツ・イデオロギー』成立史の新展開
第10章 フィライシスによる史的唯物論の源泉理解
第11章 戦前期日本の『ドイツ・イデオロギー』翻訳史
第12章 流布版「フォイエルバッハ」章中国語訳(1995年)の根本問題
第13章 中日両国における『ドイツ・イデオロギー』普及史の起点
第14章 マルクス/エンゲルス著作の朝鮮語翻訳
附属資料 草稿記載状況例解・オンライン版サンプル

・版元の紹介ページ
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-86014-072-4.html
長峰章編著『経済思想:その歴史的視点から』学文社、2015年4月。

2,376円(税込価格)
ISBN978-4-7620-2541-9 C3033
A5判 216頁

・目次
第1章 重商主義の経済思想 
 1 国富の流通論的考察 
  (1)ヨーロッパの貿易圏の拡大 
  (2)貿易差額論 
  (3)重商主義評価の視角 
 2 経済学の胎動
  (1)労働への眼差し 
  (2)経済循環の発見と価格認識の端緒 
  (3)貿易をめぐる嫉妬の氷解 

第2章 重農主義の経済思想 
 1 ケネーの生涯と著作 
 2 ケネーの経済思想と時代背景 
 3 ケネーの経済表 
 4 重農学派の形成とその影響 

第3章 古典学派の経済思想 
 1 アダム・スミス 
  (1)生涯と著作 
  (2)富裕の増進論 
  (3)政府のアジェンダとノンアジェンダ 
 2 トマス・ロバート・マルサス 
  (1)生涯と著作 
  (2)人口思想 
  (3)一般的過剰生産論と不生産的消費者 
 3 デヴィッド・リカードウ 
  (1)生涯と著作 
  (2)理論と思想 
  (3)販路説と過少消費説 
 4 ジョン・スチュアート・ミル 
  (1)生涯と著作 
  (2)ミルの経済学 
  (3)ミルの思想 

第4章 マルクスの経済思想 
 1 マルクスの生涯と著作―時代背景を織り交ぜて― 
  (1)生誕からベルリン時代 
  (2)ケルンからパリへ 
  (3)ブリュッセル時代 
  (4)ロンドン時代 
  (5)晩年のマルクス 
 2 資本主義の歴史的把握 
 3 物象化展開としての『資本論』 

第5章 歴史学派の経済思想 
 1 歴史学派の時代背景 
 2 旧歴史学派 
  (1)ロッシャー 
  (2)ヒルデブラント 
  (3)クニース 
 3 新歴史学派 
  (1)シュモラー 
  (2)ブレンターノ 
 4 最新歴史学派 
  (1)ゾンバルト 
  (2)ヴェーバー 
  (3)シュンペーター 

第6章 限界革命の経済思想 
 1 メンガー 
  (1)生涯と時代
  (2)主観的価値論
  (3)交換論
(4)メンガー理論の特質 
  (5)思想と政策 
 2 ジェヴォンズ 
  (1)生涯と時代 
  (2)交換論 
  (3)交換の利益 
  (4)思想と政策 
 3 ワルラス 
  (1)生涯 
  (2)時代と思想 
  (3)純粋経済学―交換論 
  (4)純粋経済学―生産論 
  (5)社会経済学 
  (6)応用経済学―労働市場政策 
  (7)応用経済学―アソシアシオン(協同組合) 
  (8)ワルラスのヴィジョン 
第7章 ケインズおよびその後の経済思想 
 1 マーシャル 
  (1)生涯と時代 
  (2)思想 
  (3)企業家と収穫法則 
  (4)価格論 
  (5)分配論 
  (6)人間と経済の進歩 
 2 マクロ経済学の誕生とケインズ学派 
  (1)国民経済計算体系とマクロ経済学 
  (2)セーの法則から有効需要の原理へ 
 3 IS-LMモデルと新古典派総合 
  (1)財市場と貨幣市場の統合 
  (2)IS-LMモデルにおける政策評価 
  (3)IS-LMモデルへの批判
 4 マクロ経済論争と現代の経済学 
  (1)古典派の2つの公準とフィリップス曲線 
  (2)フィリップス曲線論争とマネタリスト 
  (3)ニューケインジアンと新・新古典派総合 

年表

・版元の紹介ページ
https://www.gakubunsha.com/cgi-local/search.cgi?id=book&isbn=978-4-7620-2541-9
深貝保則・戒能通弘編『ジェレミー・ベンサムの挑戦』ナカニシヤ出版、2015年2月。

出版年月日 2015/02/28
ISBN 9784779508967
判型・ページ数 A5・412ページ
定価 本体5,600円+税

・目次
序論(戒能通弘)
凡 例

第I部 ベンサムの挑戦
総論I 幸福,道徳,そして統治
ジェレミー・ベンサムの挑戦(深貝保則)
1 今なお座るベンサム,論じられるベンサム
2 18世紀の「知」の様式とベンサム:人間把握から立法,統治へ
3 ジェレミー・ベンサムの挑戦
4 幸福と統治:ベンサムのロジック
5 ベンサム,その捉え直しに向けて
第1章 コモン・ロー的伝統とベンサムの法理論
「裁判官の慣習」と「一般的慣習」の峻別による
コモン・ロー批判 (戒能通弘)
1 コモン・ローの「同意」概念とベンサムによる批判
2 ベンサムのパノミオン(総合法典)をめぐって
3 おわりに

第2章 ジェレミー・ベンサムとH. L. A. ハートの
「法理学における功利主義的伝統」
(フィリップ・スコフィールド/戒能通弘[訳])
1 実質的な法実証主義と方法論的な法実証主義
2 道徳的中立性とベンサムの法理論
3 ベンサムとある法,あるべき法
4 言語と存在論
5 ハートの『法一般論』の編集
6 法理学における功利主義的伝統とは?
第3章 ベンサム言語論の挑戦
「言語論的転回」の先駆者か?「プラグマティズム的転回」の先駆者か? (高島和哉)
1 ベンサム言語論の構造
2 ベンサムとその先駆者たち
第4章 ベンサムにおけるキリスト教と功利主義 (小畑俊太郎)
1 〈イエスの宗教〉への視座
2 ベル=ランカスター論争と三位一体教義法
3 イングランド国教会の腐敗問題
4 ベンサムの教会論
5 イングランド国教会の「安楽死」と「宗教的自由」
6 おわりに

第II部 ベンサム論の挑戦
総論II 広まり変転する〈ベンサム〉から蘇るベンサム像へ (深貝保則)
1 揺れ動くベンサム・イメージ
2 広まり,意味づけられ,実用化される〈ベンサム〉流のアイデア
3 19世紀終盤における功利主義の彫琢
4 煙たがられ,批判される〈ベンサム〉的なもの
5 蘇るベンサム,その二層の試み
第5章 功利主義と配分的正義
民法とベンサム経済思想の基礎
(ポール・ケリー/有江大介・高島和哉[訳])
1 功利と立法
2 民法体系と経済
3 おわりに
第6章 憲法上の権利と安全 (フレデリック・ローゼン/小畑俊太郎[訳])
1 憲法上の権利と「悪政に対する安全」
2 適性能力のための安全
3 立法府の権力と安全
4 行政権力に対する安全
5 ベンサムにおける法・自由・安全
第7章 ベンサムにおける功利主義的統治の成立
パノプティコンと輿論法廷 (板井広明)
1 パノプティコン研究史
2 パノプティコンの構図:テクスト問題
3 パノプティコンの機制:世間の法廷
4 公開性・利益・経済性
5 パノプティコンと社会
6 『政治戦略論』
第8章 功利主義はなぜ不評か
utilitarianism/utilityの翻訳問題 (有江大介)
1 utilitarianism, utility の原語としてのニュアンスと漢語・漢字の「功」「利」
2 明治期功利主義文献の邦訳における「利」
3 大正期経済学での福田徳三・河上肇の「utilityの訳語論争」と経済学の外でのutility
4 第2次大戦後のutility「功利」・utilitarianism「功利主義」の運命
5 おわりに:功利主義のアポリア

第III部 挑戦する「ベンサム」
総論III ベンサムの統治功利主義の可能性 (戒能通弘)
1 功利主義と正義論
2 トロリー問題
3 統治功利主義
第9章 統治と監視の幸福な関係
ベンタムの立憲主義を巡るひとつの非歴史的随想 (安藤馨)
1 『憲法典』と統治機構のデザイン
2 非歴史的ファンタジー随想
第10章 功利主義とマイノリティー (板井広明)
1 ベンサム功利主義の基本構図
2 同性愛行為の非犯罪化と偏見
3 女性と平等
4 おわりに
第11章 グローバリゼーションとベンサム (戒能通弘)
1 世界の立法者と文化的多様性
2 輿論法廷と安全
3 ベンサムの国際関係についての議論と現代
4 おわりに

研究の手引き(板井広明)
あとがき(深貝保則)

事項索引
人名索引
ベンサム著作索引

・版元の紹介ページ
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b194109.html

ページの終端です。ページの先頭に戻る