ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  論集
  • カテゴリ 論集 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 論集カテゴリのエントリ

坂本達哉・長尾伸一編『徳・商業・文明社会』京都大学学術出版会、2015年3月。

A5上製・400頁・税込 6,480円
ISBN: 9784876986170

・目次
はじめに 文脈主義(コンテクスチュアリズム)とその彼方  長尾伸一
 1 近代社会思想史の転換
 2 古代,中世,文明社会
 3 モダニティ理解と文脈主義

序章(特別寄稿) 政治思想としての歴史叙述 ―ある研究計画の形成についての報告  J・G・A・ポーコック
原題:J. G. A. Pocock, ‘Historiography as Political Thought: A Report on the Formation of a Project.’

第?部

第1章 17世紀イングランドにおける信用と基金 伊藤誠一郎
 1 質屋
 2 抵当銀行と基金
 3 土地登記と信用
 4 利子論争
 おわりに

第2章 ミシシッピ・バブル後のブリテン ―ジョン・ロー来訪をめぐる信用論争  林 直樹
 1 はじめに
 2 ロー氏への手紙
  (1)『手紙』の著者について  (2)『手紙』を読む
 3 正しく語られたロー氏問題
  (1)1720年前後のデフォー  (2)『手紙』への応答  (3)デフォーの将来像
 4 結語

第3章 ジョン・ロックと啓蒙の始まり  生越利昭
 1 はじめに
 2 理性による世界の合理的認識
 3 蓋然性
 4 神の存在の理性的証明
 5 自由と自律
 6 政治的自由と権利の確立
 7 所有と富裕化
 8 宗教的寛容
 9 教育・訓練による啓蒙
 10 むすび

第4章 ジャン・バルベラックの「啓発された自己愛」  門亜樹子
 1 はじめに
 2 プーフェンドルフの自然状態論
  (1)ホッブズへの反論  (2)スピノザへの反論  (3)自然状態における「正しい理性」
 3 「正しい理性」と「啓発された自己愛」
  (1)自然法と「正しい理性」  (2)社交性と「啓発された自己愛」
 4 おわりに―「自己への義務」と「啓発された自己愛」

第5章 アベ・ド・サン=ピエールの商業社会論 ―啓蒙の功利主義  米田昇平
 1 はじめに
 2 人間本性 ―快楽と苦痛
 3 道徳論 ―私欲と公共的利益との一致
 4 商業
 5 むすび

第?部

第6章 「文明化された君主政」論の王党派的起源
    ―フィリップ・ウォリック,エドワード・ハイドと,ヒューム  犬塚 元
 1 問題の所在
 2 キャロライン君主政の歴史解釈における王党派とヒューム
 3 「絶対的だが,しかし制限された」君主政
 4 「ヨーロッパ的な,文明化された」君主政
 5 結論といくつかの示唆

第7章 アダム・スミスにおける学問と思想 ―個と普遍をめぐって  篠原 久
 1 アダム・スミスにおける知識人の役割
 2 アダム・スミスの学問論
 3 普遍からの脱却

第8章 文明社会史論としてのスミス経済学  渡辺恵一
 1 はじめに
 2 社会発展の四段階論とスミスの文明社会論
 3 スミスの古代文明論―近代文明との比較史的考察
  (1)古代エジプトとアジアの文明  (2)ヨーロッパ古代文明―ギリシャ共和国と古代ローマの盛衰
 4 近代文明社会と世界市場
  (1)近代文明社会の起源 ―「富裕の逆行的順序」と重商主義体系の成立
  (2)大航海時代の幕開けとヨーロッパ近代社会の発展
 5 むすび

第9章 啓蒙の世界観 ―ポープとスミスの「見えざる手」  野原慎司
 1 はじめに
 2 ポープと「見えない」神
 3 ポープにおける人間社会
 4 スミスの「見えざる手」
 5 おわりに

第10章 ルソーとプーフェンドルフ  森岡邦泰
 1 はじめに
 2 ルソーのプーフェンドルフへの言及
 3 道徳的存在と物理的存在
 4 ルソーの場合
 5 おわりに

第11章 反革命思想と経済学 ―マルサス『食糧高価論』に関する一考察  中澤信彦
 1 はじめに―もうひとつの「二人のマルサス」問題
 2 マルサスとフランス革命
  (1)イギリスにおけるフランス革命  (2)『人口論』初版とフランス革命
  (3)『人口論』の増補改訂とフランス革命
 3 『食糧高価論』の分析
  (1)『食糧高価論』の執筆背景  (2)『食糧高価論』の価格理論と反革命思想
 4 なぜケインズは『食糧高価論』を高く評価したのか?
 5 おわりに

第?部

第12章 ベンサム,アメリカ,共和政  川名雄一郎
 1 はじめに
 2 ベンサムとアメリカをめぐる研究史
  (1)ベンサムとアメリカ  (2)アメリカ政治思想史研究における修正主義的解釈
 3 第二期のアメリカ論
  (1)アメリカの民主主義  (2)マディソンとベンサム  (3)上院の位置づけ
  (4)悪政に対する安全  (5)世論の役割
 4 ベンサムのアメリカ大統領宛書簡 ―結びにかえて

第13章 コールリッジをめぐる理論家と歴史家の対話 ―アレン=モロウ論争再訪  小田川大典
 1 問題の所在 ―コールリッジ政治思想研究の現状と課題
 2 グラムシ的公職知識人論の先駆 ―アレンの非歴史的解釈
 3 シヴィック・ヒューマニズムの批判的継承者 ―モロウの歴史的解釈
 4 むすびにかえて 317

第14章 ハイエクと現代共和主義論  太子堂正称
 1 はじめに
 2 ハイエクの「法の支配」論
  (1)法の「上位の法」への従属と階層的構造  (2)ハイエクの議会改革案と共和主義的特徴
 3 「法の支配論」の系譜
  (1)「法の支配」としてのイソノミア  (2)アメリカ独立革命への着目
 4 現代の共和主義論とハイエク
  (1)ペティットの規範的共和主義論とハイエク  (2)ロールズにおける共和主義的契機とハイエク
 5 おわりに

第15章 アイン・ランド ―経済学のマキアヴェッリ  村井明彦
 1 はじめに
 2 ランドの生涯と『アトラス』
 3 ランドの権利論
 4 哲学の崩壊と資本主義の未成立
 5 おわりに

第16章 ゲーム理論とスミス『道徳感情論』  穂刈 亨
 1 はじめに
 2 Bénabou-Tirole(2011)のモデル
  (1)モデルの設定  (2)AU/SEゲームにおける均衡  (3)SCゲームにおける均衡  (4)比較静学
 3 おわりに 376

終章(特別寄稿) 「徳,商業,文明社会」の諸問題  田中秀夫

あとがき  坂本達哉

執筆・翻訳者紹介
索引(人名・事項)

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2030
小野塚知二編『第一次世界大戦開戦原因の再検討:国際分業と民衆心理』岩波書店、2014年12月。

■体裁=A5判・上製・カバー・282頁
■定価(本体 2,800円 + 税)
■2014年12月25日
■ISBN978-4-00-061007-0 C0022

・版元の紹介ページ
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-061007
Toshiaki Hirai (ed.) Capitalism and the World Economy: The Light and Shadow of Globalization, Routledge, 2015.

Hardback: $150.00
978-0-415-73391-5
February 11th 2015

Part 1 Bird’s-eye View
1. Capitalism and Globalization
2. Financial Globalization and Instability of the World Economy
3. Globalization and Keynes’s Ideal of A "Sounder Political Economy between All Nations"
4. Globalization and the Ladder of Comparative Advantage

Part 2 Developed Nations - USA, EU and Japan
5. The Crisis, the Bail-out, and Financial Reform: A Minskian Approach to Improving Crisis Response
6. Economic Crisis and Globalization in the European Union
7. "Euro" Crisis: Origins, the Present and Perspectives
8. ‘We are all Keynesians now’: The Paradox of British Fiscal Polity in the Aftermath of the Global Financial Crisis 2007-09
9. Beyond De-globalization in Japan
10. Trade Friction with no Foundation: A Review of US?Japanese Economic Relations in the 1980s and the 1990s

Part 3 Emerging Nations ? BRICs
11. Globalization, Policy Autonomy and Economic Development: The Case of Brazil
12. Indian Economy under Economic Reforms: Responses from Society and the State
13. A Mixed Effect of Globalization on China's Economic Growth
14. Dynamics of State-Business Relations and the Evolution of Capitalism in Russia in an Age of Globalization

・版元の紹介ページ
http://www.routledge.com/books/details/9780415733915/
Yasuo Amoh, Darren Lingley and Hiroko Aoki (eds.) Adam Ferguson and the American Revolution: Proceedings of the British Commissioners at Philadelphia, 1778-9. with the appendix "Remarks on a Pamphlet lately published by Dr. Price, 1776", Kyokuto Shoten, 2015.

出版年: 2015年
ページ数: 319 pp.
ISBN: 978-4-87394-024-3
装丁・価格: cloth \32,400.- (税込)

・版元の紹介ページ
http://kyokuto-bk.co.jp/bookinfo.phtml?tk=0&bid=K1437
深貝保則・戒能通弘編『ジェレミー・ベンサムの挑戦』ナカニシヤ出版、2015年2月。

出版年月日 2015/02/28
ISBN 9784779508967
判型・ページ数 A5・412ページ
定価 本体5,600円+税

・目次

序論(戒能通弘)
凡 例

第?部 ベンサムの挑戦
総論? 幸福,道徳,そして統治
ジェレミー・ベンサムの挑戦(深貝保則)
1 今なお座るベンサム,論じられるベンサム
2 18世紀の「知」の様式とベンサム:人間把握から立法,統治へ
3 ジェレミー・ベンサムの挑戦
4 幸福と統治:ベンサムのロジック
5 ベンサム,その捉え直しに向けて
第1章 コモン・ロー的伝統とベンサムの法理論
「裁判官の慣習」と「一般的慣習」の峻別による
コモン・ロー批判 (戒能通弘)
1 コモン・ローの「同意」概念とベンサムによる批判
2 ベンサムのパノミオン(総合法典)をめぐって
3 おわりに

第2章 ジェレミー・ベンサムとH. L. A. ハートの
「法理学における功利主義的伝統」
(フィリップ・スコフィールド/戒能通弘[訳])
1 実質的な法実証主義と方法論的な法実証主義
2 道徳的中立性とベンサムの法理論
3 ベンサムとある法,あるべき法
4 言語と存在論
5 ハートの『法一般論』の編集
6 法理学における功利主義的伝統とは?
第3章 ベンサム言語論の挑戦
「言語論的転回」の先駆者か?「プラグマティズム的転回」の先駆者か? (高島和哉)
1 ベンサム言語論の構造
2 ベンサムとその先駆者たち
第4章 ベンサムにおけるキリスト教と功利主義 (小畑俊太郎)
1 〈イエスの宗教〉への視座
2 ベル=ランカスター論争と三位一体教義法
3 イングランド国教会の腐敗問題
4 ベンサムの教会論
5 イングランド国教会の「安楽死」と「宗教的自由」
6 おわりに

第?部 ベンサム論の挑戦
総論? 広まり変転する〈ベンサム〉から蘇るベンサム像へ (深貝保則)
1 揺れ動くベンサム・イメージ
2 広まり,意味づけられ,実用化される〈ベンサム〉流のアイデア
3 19世紀終盤における功利主義の彫琢
4 煙たがられ,批判される〈ベンサム〉的なもの
5 蘇るベンサム,その二層の試み
第5章 功利主義と配分的正義
民法とベンサム経済思想の基礎
(ポール・ケリー/有江大介・高島和哉[訳])
1 功利と立法
2 民法体系と経済
3 おわりに
第6章 憲法上の権利と安全 (フレデリック・ローゼン/小畑俊太郎[訳])
1 憲法上の権利と「悪政に対する安全」
2 適性能力のための安全
3 立法府の権力と安全
4 行政権力に対する安全
5 ベンサムにおける法・自由・安全
第7章 ベンサムにおける功利主義的統治の成立
パノプティコンと輿論法廷 (板井広明)
1 パノプティコン研究史
2 パノプティコンの構図:テクスト問題
3 パノプティコンの機制:世間の法廷
4 公開性・利益・経済性
5 パノプティコンと社会
6 『政治戦略論』
第8章 功利主義はなぜ不評か
utilitarianism/utilityの翻訳問題 (有江大介)
1 utilitarianism, utility の原語としてのニュアンスと漢語・漢字の「功」「利」
2 明治期功利主義文献の邦訳における「利」
3 大正期経済学での福田徳三・河上肇の「utilityの訳語論争」と
経済学の外でのutility
4 第2次大戦後のutility「功利」・utilitarianism「功利主義」の運命
5 おわりに:功利主義のアポリア

第?部 挑戦する「ベンサム」
総論? ベンサムの統治功利主義の可能性 (戒能通弘)
1 功利主義と正義論
2 トロリー問題
3 統治功利主義
第9章 統治と監視の幸福な関係
ベンタムの立憲主義を巡るひとつの非歴史的随想 (安藤馨)
1 『憲法典』と統治機構のデザイン
2 非歴史的ファンタジー随想
第10章 功利主義とマイノリティー (板井広明)
1 ベンサム功利主義の基本構図
2 同性愛行為の非犯罪化と偏見
3 女性と平等
4 おわりに
第11章 グローバリゼーションとベンサム (戒能通弘)
1 世界の立法者と文化的多様性
2 輿論法廷と安全
3 ベンサムの国際関係についての議論と現代
4 おわりに

研究の手引き(板井広明)
あとがき(深貝保則)

事項索引
人名索引
ベンサム著作索引

・版元の紹介ページ
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b194109.html
橋本努編『現代の経済思想』勁草書房、2014年10月。

ISBN 978-4-326-50402-2
出版年月 2014年10月
判型・ページ数 A5判・644ページ
定価 本体5,500円+税

・目次
まえがき[橋本努]

1 生きるために
 1-1 快楽──快楽が多ければよい人生か[米村幸太郎]
(キーワード:福利、個人的価値、幸福度)
 1-2 欲望──なにに/なぜ人間はこれほど駆り立てられるのか[黒石晋]
 (キーワード:なにか未知なるもの、価値、事後選択)
 1-3 幸福──幸福度研究は経済学に革命をもたらすか[本郷亮]
 (キーワード:主観的幸福、幸福度、功利主義)
 1-4 贈与──私たちはなぜ贈り合うのか[若森みどり]
 (キーワード:負債、社会関係、循環)
 1-5 労働──理想の仕事とはなにか[橋本努]
 (キーワード:拘り、本来性、ルサンチマン)

2 善い社会のために
 2-1 価値──価値は価格に反映されているのか[藤田菜々子]
 (キーワード:倫理、バランス、制度)
 2-2 平等──なぜ平等は基底的な価値といえるのか[井上彰]
 (キーワード:範囲性質、非個人的価値、反不平等主義、宇宙的価値)
 2-3 ケア──両立支援は誰のためか[山根純佳]
 (キーワード:平等と差異、ケアの社会的評価、ワーク・ライフ・バランス)
 2-4 所有──所有は豊かさをもたらすか[沖公祐]
 (キーワード:占有、請求権、コモン・ストック)
 2-5 資本主義──なぜ安定と危機の交替を繰り返すのか[鍋島直樹]
 (キーワード:社会的蓄積構造、戦後コーポレート・システム、新自由主義)

3 経済の倫理
 3-1 自然──経済にとって自然とはなにか[桑田学]
 (キーワード:自然の贈与、労働、依存)
 3-2 消費──消費者は環境に責任があるのか[根本志保子]
 (キーワード:政治的責任、規範、美徳)
 3-3 交換──赤ちゃん市場の問題とはなにか[山本理奈]
 (キーワード: 商品化、聖なるもの、貨幣)
 3-4 文化と経済──市場は芸術の開花を阻害するか[鳥澤円]
 (キーワード: 文化政策、大衆文化、古典的自由主義)
 3-5 芸術の売買──美術市場に道徳はあるのか[持元江津子]
 (キーワード: 美術市場モラル、一次/二次市場、アートディーラー)

4 経済の生態
 4-1 市場──市場が社会秩序であるとはどういうことか[瀧川裕貴]
 (キーワード: 経済社会学、埋め込み、収穫逓増)
 4-2 慣習──生活にどう役立つのか[吉野裕介]
 (キーワード:明確化アプローチ、適応的慣習、慣習への順応)
 4-3 嗜癖──アディクションは非合理な行為なのか[太子堂正称]
 (キーワード: 嗜癖と合理性、非自律的選好、信念依存性、プリコミットメント) 
 4-4 心理──損得勘定に感情は入っていないのか[松井名津]
 (キーワード: 感情、理性、意思決定)
 4-5 企業組織──なぜ企業は存在するのか[三上真寛]
 (キーワード: 取引費用、ケイパビリティ、規模)
 4-6 企業家精神──企業家になるとはどういうことか[吉田昌幸]
 (キーワード: 企業家学習、市場理論、知識の成長理論)
 4-7 経済神学──経済学者の社会的機能とはなにか[佐藤方宣]
 (キーワード:宗教としての経済学、市場のパラドクス、効率性の福音)  

事項索引
人名索引

・版元の紹介ページ
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b183248.html
B・W・ベイトマン・平井俊顕・M・C・マルクッツォ編『リターン・トゥ・ケインズ』平井俊顕監訳、東京大学出版会、2014年9月。

ISBN978-4-13-040262-0
発売日:2014年09月下旬
判型:A5
448頁
税込6048円/本体5600円

・目次
序 章 リターン・トゥ・ケインズ

第I部 ケインズ的経済政策――過去・現在・将来(ベイトマン/平井/マルクッツォ 訳:平井)
 第1章 ケインズがアメリカに戻ってきた(ベイトマン 訳:黒木龍三)
 第2章 日本の長期不況と経済政策(小野善康 訳:池田毅)
 第3章 ヨーロッパにおけるマクロ経済政策――積極的安定化路線への回帰か(ハンス?ミハエル・トラウトヴァイン 訳:田口博雄)

第II部 ケインズ理論とケインズ主義を解釈する
 第4章 ケインジアン?新古典派総合の「旧」から「新」へ――一つの解釈(リシャール・アリーナ 訳:野口旭)
 第5章 トービンのケインズ主義(ロバート・W・ダイモン 訳:内藤敦之)
 第6章 新しい新古典派総合とヴィクセル?ケインズ・コネクション(マウロ・ボイアノフスキー/ハンス?ミハエル・トラウトヴァイン 訳:伊藤宣広)

第III部 ケインズ再読と解釈
 第7章 難解で数学的な議論――『一般理論』における数学的推論の利用(ロジャー・E・バックハウス 訳:藤原新)
 第8章 『一般理論』――確率的マクロ均衡概念に向かって(吉川洋 訳:袴田兆彦)
 第9章 ケインズの経済学の形成過程(平井 著/訳:西川弘展)
 第10章 ケインズとスラッファ,そして後者の「隠された懐疑」(ハインツ・D・クルツ 訳:木村雄一)
 第11章 ケインズと言葉の戦争(ジル・ドスタレール 訳:下平裕之)

第IV部 グローバル危機――ケインズからの教訓
 第12章 ケインズと現代国際金融論(マルチェッロ・デ・チェッコ 訳:野下保利)
 第13章 現代経済学に対するケインズの影響(ヤン・A・クレーゲル 訳:渡辺良夫)
 第14章 現代のグローバル・インバランス――ケインズは貢献し得るか?(アンナ・M・カラベリ/マリオ・A・チェドリーニ 訳:岩本武和)


・版元の紹介ページ
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-040262-0.html
田中秀夫編『野蛮と啓蒙:経済思想史からの接近』京都大学学術出版会、2014年4月。

A5上製・712頁・税込 8,856円
ISBN: 9784876984787
発行年月: 2014/03

・目次
序説 野蛮と啓蒙――思想史から学ぶもの (田中秀夫)

第1部 ヨーロッパの初期啓蒙
 第1章 バロック期スペインから啓蒙へ――服従と抵抗 (松森奈津子)
 第2章 マリアナの貨幣論――貨幣を操作する暴君は王にあらず (村井明彦)
 第3章 一七世紀イングランドのトレイド論争――オランダへの嫉妬、憧れ、警戒 (伊藤誠一郎)
 第4章 重商主義にみる野蛮と啓蒙――「帝国」の政治経済学 (生越利昭)
 第5章 スコットランドの文明化と野蛮――平定から啓蒙へ (田中秀夫)

第2部 盛期啓蒙――大ブリテン
 第6章 D.ロッホのスコットランド産業振興論にみる無知と啓蒙 (関源太郎)
 第7章 オークニー諸島の野蛮と啓蒙――改良と抵抗のはざまで (古家弘幸)
 第8章 アダム・スミスの文明社会論――啓蒙と野蛮の諸相 (渡辺恵一)
 第9章 ジョセフ・プリーストリと後期イングランド啓蒙――奴隷制 (松本哲人)

第3部 盛期啓蒙――フランス
 第10章 J.F.ムロンの商業社会論――啓蒙の経済学 (米田昇平)
 第11章 ムロンとドラマール―一八世紀前半フランスのポリスと商業 (谷田利文)
 第12章 モンテスキューと野蛮化する共和国像――共和主義的「文明」理解の盛衰をめぐって (上野大樹)
 第13章 テュルゴとスミスにおける未開と文明――社会の平等と不平等 (野原慎司)
 第14章 ルソー焚書事件とプロテスタント銀行家――焚書と啓蒙 (喜多見洋)

第4部 啓蒙の終焉と継承
 第15章 ランゲと近代社会批判――永遠の奴隷制と野蛮 (大津真作)
 第16章 クリスティアン・ガルヴェの貧困論――文明化のなかの貧困と人間 (大塚雄太)
 第17章 ペイン的ラディカリズム対バーク、マルサス――市民社会における有用性と野蛮 (後藤浩子)
 第18章 マルサスのペイン批判――啓蒙の野蛮化との戦い (中澤信彦)
 第19章 ドイツ・ロマン主義の経済思想家における啓蒙と野蛮の問題――アダム・ミューラーとフランツ・フォン・バーダー (原田哲史)

終章 近代文明とは何であったか (田中秀夫)

あとがき (田中秀夫)
索引

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1960
仲正昌樹編『現代社会思想の海図:レーニンからバトラーまで』法律文化社、2014年4月。

判型 A5判
頁数 268頁
発行年月 2014年4月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03591-2

・版元の紹介ページ
http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03591-2
尼寺義弘・牧野広義・藤井政則編著『経済・環境・スポーツの正義を考える』文理閣、2014年4月。

A5判上製 327ページ
定価:本体3500円+税
ISBN978-4-89259-727-5

・目次
まえがき
第1部 経済の正義を考える(尼寺義弘)
 第1章 マルクスの剰余価値論と正義論
 第2章 ヘーゲル政治経済学序説
 第3章 ヘーゲルの「理性の狡知」論―労働手段の究明によせて―
 第4章 ヘーゲルにおける富と貧困の対立と社会的な調整機能―ポリツァイ論の分析―
 第5章 ヘーゲルのコルポラツィオーン論
第2部 環境の正義を考える(牧野広義)
 第1章 環境的正義とは何か
 第2章 原発と環境的正義
 第3章 「原子力の平和利用」と科学者の社会的責任
第3部 スポーツの正義を考える(藤井政則)
 第1章 スポーツ思想の底流
 第2章 スポーツにおける「身体知」の行方
 第3章 スポーツの正義を考える
第4部 人権と自由の弁証法
 第1章 人権と「グローバルな法」(ゲオルク・ローマン)
 第2章 ヘーゲルの自由概念(ヴァルター・イェシュケ)
 第3章 ヘーゲルにおける「人倫」と「憲法体制」(エリザベート・ヴァイサー=ローマン)
 第4章 理性の狡知(ヴァルター・イェシュケ)
 第5章 マルクスとヘーゲルの弁証法(アンドレアス・アルント)
 第6章 ヘルムート・プレスナーの人間学とスポーツ哲学(フォルカー・シュールマン)
あとがき

・版元の紹介ページ
http://www.bunrikaku.com/book1/book1-727.html

ページの終端です。ページの先頭に戻る