ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  論集
  • カテゴリ 論集 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 論集カテゴリのエントリ

Yasuo Amoh, Darren Lingley and Hiroko Aoki (eds.) Adam Ferguson and the American Revolution: Proceedings of the British Commissioners at Philadelphia, 1778-9. with the appendix "Remarks on a Pamphlet lately published by Dr. Price, 1776", Kyokuto Shoten, 2015.

出版年: 2015年
ページ数: 319 pp.
ISBN: 978-4-87394-024-3
装丁・価格: cloth \32,400.- (税込)

・版元の紹介ページ
http://kyokuto-bk.co.jp/bookinfo.phtml?tk=0&bid=K1437
深貝保則・戒能通弘編『ジェレミー・ベンサムの挑戦』ナカニシヤ出版、2015年2月。

出版年月日 2015/02/28
ISBN 9784779508967
判型・ページ数 A5・412ページ
定価 本体5,600円+税

・目次

序論(戒能通弘)
凡 例

第?部 ベンサムの挑戦
総論? 幸福,道徳,そして統治
ジェレミー・ベンサムの挑戦(深貝保則)
1 今なお座るベンサム,論じられるベンサム
2 18世紀の「知」の様式とベンサム:人間把握から立法,統治へ
3 ジェレミー・ベンサムの挑戦
4 幸福と統治:ベンサムのロジック
5 ベンサム,その捉え直しに向けて
第1章 コモン・ロー的伝統とベンサムの法理論
「裁判官の慣習」と「一般的慣習」の峻別による
コモン・ロー批判 (戒能通弘)
1 コモン・ローの「同意」概念とベンサムによる批判
2 ベンサムのパノミオン(総合法典)をめぐって
3 おわりに

第2章 ジェレミー・ベンサムとH. L. A. ハートの
「法理学における功利主義的伝統」
(フィリップ・スコフィールド/戒能通弘[訳])
1 実質的な法実証主義と方法論的な法実証主義
2 道徳的中立性とベンサムの法理論
3 ベンサムとある法,あるべき法
4 言語と存在論
5 ハートの『法一般論』の編集
6 法理学における功利主義的伝統とは?
第3章 ベンサム言語論の挑戦
「言語論的転回」の先駆者か?「プラグマティズム的転回」の先駆者か? (高島和哉)
1 ベンサム言語論の構造
2 ベンサムとその先駆者たち
第4章 ベンサムにおけるキリスト教と功利主義 (小畑俊太郎)
1 〈イエスの宗教〉への視座
2 ベル=ランカスター論争と三位一体教義法
3 イングランド国教会の腐敗問題
4 ベンサムの教会論
5 イングランド国教会の「安楽死」と「宗教的自由」
6 おわりに

第?部 ベンサム論の挑戦
総論? 広まり変転する〈ベンサム〉から蘇るベンサム像へ (深貝保則)
1 揺れ動くベンサム・イメージ
2 広まり,意味づけられ,実用化される〈ベンサム〉流のアイデア
3 19世紀終盤における功利主義の彫琢
4 煙たがられ,批判される〈ベンサム〉的なもの
5 蘇るベンサム,その二層の試み
第5章 功利主義と配分的正義
民法とベンサム経済思想の基礎
(ポール・ケリー/有江大介・高島和哉[訳])
1 功利と立法
2 民法体系と経済
3 おわりに
第6章 憲法上の権利と安全 (フレデリック・ローゼン/小畑俊太郎[訳])
1 憲法上の権利と「悪政に対する安全」
2 適性能力のための安全
3 立法府の権力と安全
4 行政権力に対する安全
5 ベンサムにおける法・自由・安全
第7章 ベンサムにおける功利主義的統治の成立
パノプティコンと輿論法廷 (板井広明)
1 パノプティコン研究史
2 パノプティコンの構図:テクスト問題
3 パノプティコンの機制:世間の法廷
4 公開性・利益・経済性
5 パノプティコンと社会
6 『政治戦略論』
第8章 功利主義はなぜ不評か
utilitarianism/utilityの翻訳問題 (有江大介)
1 utilitarianism, utility の原語としてのニュアンスと漢語・漢字の「功」「利」
2 明治期功利主義文献の邦訳における「利」
3 大正期経済学での福田徳三・河上肇の「utilityの訳語論争」と
経済学の外でのutility
4 第2次大戦後のutility「功利」・utilitarianism「功利主義」の運命
5 おわりに:功利主義のアポリア

第?部 挑戦する「ベンサム」
総論? ベンサムの統治功利主義の可能性 (戒能通弘)
1 功利主義と正義論
2 トロリー問題
3 統治功利主義
第9章 統治と監視の幸福な関係
ベンタムの立憲主義を巡るひとつの非歴史的随想 (安藤馨)
1 『憲法典』と統治機構のデザイン
2 非歴史的ファンタジー随想
第10章 功利主義とマイノリティー (板井広明)
1 ベンサム功利主義の基本構図
2 同性愛行為の非犯罪化と偏見
3 女性と平等
4 おわりに
第11章 グローバリゼーションとベンサム (戒能通弘)
1 世界の立法者と文化的多様性
2 輿論法廷と安全
3 ベンサムの国際関係についての議論と現代
4 おわりに

研究の手引き(板井広明)
あとがき(深貝保則)

事項索引
人名索引
ベンサム著作索引

・版元の紹介ページ
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b194109.html
橋本努編『現代の経済思想』勁草書房、2014年10月。

ISBN 978-4-326-50402-2
出版年月 2014年10月
判型・ページ数 A5判・644ページ
定価 本体5,500円+税

・目次
まえがき[橋本努]

1 生きるために
 1-1 快楽──快楽が多ければよい人生か[米村幸太郎]
(キーワード:福利、個人的価値、幸福度)
 1-2 欲望──なにに/なぜ人間はこれほど駆り立てられるのか[黒石晋]
 (キーワード:なにか未知なるもの、価値、事後選択)
 1-3 幸福──幸福度研究は経済学に革命をもたらすか[本郷亮]
 (キーワード:主観的幸福、幸福度、功利主義)
 1-4 贈与──私たちはなぜ贈り合うのか[若森みどり]
 (キーワード:負債、社会関係、循環)
 1-5 労働──理想の仕事とはなにか[橋本努]
 (キーワード:拘り、本来性、ルサンチマン)

2 善い社会のために
 2-1 価値──価値は価格に反映されているのか[藤田菜々子]
 (キーワード:倫理、バランス、制度)
 2-2 平等──なぜ平等は基底的な価値といえるのか[井上彰]
 (キーワード:範囲性質、非個人的価値、反不平等主義、宇宙的価値)
 2-3 ケア──両立支援は誰のためか[山根純佳]
 (キーワード:平等と差異、ケアの社会的評価、ワーク・ライフ・バランス)
 2-4 所有──所有は豊かさをもたらすか[沖公祐]
 (キーワード:占有、請求権、コモン・ストック)
 2-5 資本主義──なぜ安定と危機の交替を繰り返すのか[鍋島直樹]
 (キーワード:社会的蓄積構造、戦後コーポレート・システム、新自由主義)

3 経済の倫理
 3-1 自然──経済にとって自然とはなにか[桑田学]
 (キーワード:自然の贈与、労働、依存)
 3-2 消費──消費者は環境に責任があるのか[根本志保子]
 (キーワード:政治的責任、規範、美徳)
 3-3 交換──赤ちゃん市場の問題とはなにか[山本理奈]
 (キーワード: 商品化、聖なるもの、貨幣)
 3-4 文化と経済──市場は芸術の開花を阻害するか[鳥澤円]
 (キーワード: 文化政策、大衆文化、古典的自由主義)
 3-5 芸術の売買──美術市場に道徳はあるのか[持元江津子]
 (キーワード: 美術市場モラル、一次/二次市場、アートディーラー)

4 経済の生態
 4-1 市場──市場が社会秩序であるとはどういうことか[瀧川裕貴]
 (キーワード: 経済社会学、埋め込み、収穫逓増)
 4-2 慣習──生活にどう役立つのか[吉野裕介]
 (キーワード:明確化アプローチ、適応的慣習、慣習への順応)
 4-3 嗜癖──アディクションは非合理な行為なのか[太子堂正称]
 (キーワード: 嗜癖と合理性、非自律的選好、信念依存性、プリコミットメント) 
 4-4 心理──損得勘定に感情は入っていないのか[松井名津]
 (キーワード: 感情、理性、意思決定)
 4-5 企業組織──なぜ企業は存在するのか[三上真寛]
 (キーワード: 取引費用、ケイパビリティ、規模)
 4-6 企業家精神──企業家になるとはどういうことか[吉田昌幸]
 (キーワード: 企業家学習、市場理論、知識の成長理論)
 4-7 経済神学──経済学者の社会的機能とはなにか[佐藤方宣]
 (キーワード:宗教としての経済学、市場のパラドクス、効率性の福音)  

事項索引
人名索引

・版元の紹介ページ
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b183248.html
B・W・ベイトマン・平井俊顕・M・C・マルクッツォ編『リターン・トゥ・ケインズ』平井俊顕監訳、東京大学出版会、2014年9月。

ISBN978-4-13-040262-0
発売日:2014年09月下旬
判型:A5
448頁
税込6048円/本体5600円

・目次
序 章 リターン・トゥ・ケインズ

第I部 ケインズ的経済政策――過去・現在・将来(ベイトマン/平井/マルクッツォ 訳:平井)
 第1章 ケインズがアメリカに戻ってきた(ベイトマン 訳:黒木龍三)
 第2章 日本の長期不況と経済政策(小野善康 訳:池田毅)
 第3章 ヨーロッパにおけるマクロ経済政策――積極的安定化路線への回帰か(ハンス?ミハエル・トラウトヴァイン 訳:田口博雄)

第II部 ケインズ理論とケインズ主義を解釈する
 第4章 ケインジアン?新古典派総合の「旧」から「新」へ――一つの解釈(リシャール・アリーナ 訳:野口旭)
 第5章 トービンのケインズ主義(ロバート・W・ダイモン 訳:内藤敦之)
 第6章 新しい新古典派総合とヴィクセル?ケインズ・コネクション(マウロ・ボイアノフスキー/ハンス?ミハエル・トラウトヴァイン 訳:伊藤宣広)

第III部 ケインズ再読と解釈
 第7章 難解で数学的な議論――『一般理論』における数学的推論の利用(ロジャー・E・バックハウス 訳:藤原新)
 第8章 『一般理論』――確率的マクロ均衡概念に向かって(吉川洋 訳:袴田兆彦)
 第9章 ケインズの経済学の形成過程(平井 著/訳:西川弘展)
 第10章 ケインズとスラッファ,そして後者の「隠された懐疑」(ハインツ・D・クルツ 訳:木村雄一)
 第11章 ケインズと言葉の戦争(ジル・ドスタレール 訳:下平裕之)

第IV部 グローバル危機――ケインズからの教訓
 第12章 ケインズと現代国際金融論(マルチェッロ・デ・チェッコ 訳:野下保利)
 第13章 現代経済学に対するケインズの影響(ヤン・A・クレーゲル 訳:渡辺良夫)
 第14章 現代のグローバル・インバランス――ケインズは貢献し得るか?(アンナ・M・カラベリ/マリオ・A・チェドリーニ 訳:岩本武和)


・版元の紹介ページ
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-040262-0.html
田中秀夫編『野蛮と啓蒙:経済思想史からの接近』京都大学学術出版会、2014年4月。

A5上製・712頁・税込 8,856円
ISBN: 9784876984787
発行年月: 2014/03

・目次
序説 野蛮と啓蒙――思想史から学ぶもの (田中秀夫)

第1部 ヨーロッパの初期啓蒙
 第1章 バロック期スペインから啓蒙へ――服従と抵抗 (松森奈津子)
 第2章 マリアナの貨幣論――貨幣を操作する暴君は王にあらず (村井明彦)
 第3章 一七世紀イングランドのトレイド論争――オランダへの嫉妬、憧れ、警戒 (伊藤誠一郎)
 第4章 重商主義にみる野蛮と啓蒙――「帝国」の政治経済学 (生越利昭)
 第5章 スコットランドの文明化と野蛮――平定から啓蒙へ (田中秀夫)

第2部 盛期啓蒙――大ブリテン
 第6章 D.ロッホのスコットランド産業振興論にみる無知と啓蒙 (関源太郎)
 第7章 オークニー諸島の野蛮と啓蒙――改良と抵抗のはざまで (古家弘幸)
 第8章 アダム・スミスの文明社会論――啓蒙と野蛮の諸相 (渡辺恵一)
 第9章 ジョセフ・プリーストリと後期イングランド啓蒙――奴隷制 (松本哲人)

第3部 盛期啓蒙――フランス
 第10章 J.F.ムロンの商業社会論――啓蒙の経済学 (米田昇平)
 第11章 ムロンとドラマール―一八世紀前半フランスのポリスと商業 (谷田利文)
 第12章 モンテスキューと野蛮化する共和国像――共和主義的「文明」理解の盛衰をめぐって (上野大樹)
 第13章 テュルゴとスミスにおける未開と文明――社会の平等と不平等 (野原慎司)
 第14章 ルソー焚書事件とプロテスタント銀行家――焚書と啓蒙 (喜多見洋)

第4部 啓蒙の終焉と継承
 第15章 ランゲと近代社会批判――永遠の奴隷制と野蛮 (大津真作)
 第16章 クリスティアン・ガルヴェの貧困論――文明化のなかの貧困と人間 (大塚雄太)
 第17章 ペイン的ラディカリズム対バーク、マルサス――市民社会における有用性と野蛮 (後藤浩子)
 第18章 マルサスのペイン批判――啓蒙の野蛮化との戦い (中澤信彦)
 第19章 ドイツ・ロマン主義の経済思想家における啓蒙と野蛮の問題――アダム・ミューラーとフランツ・フォン・バーダー (原田哲史)

終章 近代文明とは何であったか (田中秀夫)

あとがき (田中秀夫)
索引

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1960
仲正昌樹編『現代社会思想の海図:レーニンからバトラーまで』法律文化社、2014年4月。

判型 A5判
頁数 268頁
発行年月 2014年4月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03591-2

・版元の紹介ページ
http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03591-2
尼寺義弘・牧野広義・藤井政則編著『経済・環境・スポーツの正義を考える』文理閣、2014年4月。

A5判上製 327ページ
定価:本体3500円+税
ISBN978-4-89259-727-5

・目次
まえがき
第1部 経済の正義を考える(尼寺義弘)
 第1章 マルクスの剰余価値論と正義論
 第2章 ヘーゲル政治経済学序説
 第3章 ヘーゲルの「理性の狡知」論―労働手段の究明によせて―
 第4章 ヘーゲルにおける富と貧困の対立と社会的な調整機能―ポリツァイ論の分析―
 第5章 ヘーゲルのコルポラツィオーン論
第2部 環境の正義を考える(牧野広義)
 第1章 環境的正義とは何か
 第2章 原発と環境的正義
 第3章 「原子力の平和利用」と科学者の社会的責任
第3部 スポーツの正義を考える(藤井政則)
 第1章 スポーツ思想の底流
 第2章 スポーツにおける「身体知」の行方
 第3章 スポーツの正義を考える
第4部 人権と自由の弁証法
 第1章 人権と「グローバルな法」(ゲオルク・ローマン)
 第2章 ヘーゲルの自由概念(ヴァルター・イェシュケ)
 第3章 ヘーゲルにおける「人倫」と「憲法体制」(エリザベート・ヴァイサー=ローマン)
 第4章 理性の狡知(ヴァルター・イェシュケ)
 第5章 マルクスとヘーゲルの弁証法(アンドレアス・アルント)
 第6章 ヘルムート・プレスナーの人間学とスポーツ哲学(フォルカー・シュールマン)
あとがき

・版元の紹介ページ
http://www.bunrikaku.com/book1/book1-727.html
後藤宣代・広原盛明・森岡孝二・池田清・中谷武雄・藤岡惇著『カタストロフィーの経済思想:震災・原発・フクシマ』昭和堂、2014年3月。

出版年月日 2014/03/11
ISBN 9784812214060
判型・ページ数 4-6・372ページ
定価 本体2,800円+税

・目次
■第I部 「三・一一」フクシマが突きつけるもの

 第1章 「三・一一」フクシマの人類史的位置
 第2章 災害カタストロフィーの復興理論

■第II部 カタストロフィーと学問の役割

 第3章 原発暴走を許した政治経済システム
 第4章 カタストロフィーから憲法による復興へ
 第5章 「新しい知」のあり方を探る

■第III部 未来への選択

 終 章 軍事攻撃されると原発はどうなるか

あとがき

・版元の紹介ページ
http://www.showado-kyoto.jp/book/b166244.html
Gilbert Faccarello and Masashi Izumo (eds.) The Reception of David Ricardo in Continental Europe and Japan, Routledge, 2014.

Hardback: £95.00
978-0-415-82771-3
10th February 2014



Introduction, Gilbert Faccarello and Masashi Izumo
1. 'Nous marchons sur un autre terrain'. The Reception of Ricardo in the French Language: episodes from a complex history, Alain Béraud and Gilbert Faccarello
2. The Reception and Further Elaboration of Ricardo's Theory of Value and Distribution in the German-speaking Countries: 1817-1914, Christian Gehrke
3. The Diffusion of Ricardo and Classical Political Economy in Portugal, José Luís Cardoso
4. The rRception and Dissemination of David Ricardo's Ideas in Spain, Salvador Almenar
5. The Influence of Ricardo on the Monetary Debate in Italy, Anna La Bruna and Annalisa Rosselli
6. The Diffusion of Ricardo's Theory in Russia, Denis Melnik
7. The Reception and Diffusion of Ricardo's Economics in Japan, 1869?2012, Masashi Izumo and Shigemasa Sato

・版元の紹介ページ
http://www.routledge.com/books/details/9780415827713/
桂木隆夫編『ハイエクを読む』ナカニシヤ出版、2014年2月。

四六判・400ページ
本体3000円+税
ISBN978-4-7795-0819-6
C1031
2014年2月

・目次
はじめに
第I部 ハイエク思想の多面体
 第1章 ハイエクの「法の支配」(太子堂正称)
 第2章 ハイエクの保守主義(中澤信彦)
 第3章 ハイエクの共同体論(土井崇弘)
 第4章 ハイエクの社会科学方法論(原谷直樹)
 第5章 ハイエクの心理学と進化論(吉野裕介)
 第6章 ハイエクのファシズム論(山中優)

第II部 ハイエクとその批判者たち
 第7章 ハイエクとナイトI(桂木隆夫)
 第8章 ハイエクとナイトII(佐藤方宣)
 第9章 ハイエク、ケインズ、マルクス(柴山桂太)
 第10章 ハイエクとシュンペーター(酒井弘格)
 第11章 ハイエクとロールズ(渡辺幹雄)
 第12章 ハイエクとサッチャー(平方裕久)

 ハイエクの人と作品
 主要人物紹介
 年譜
 おわりに
 索引(人名/事項)

・版元の紹介ページ
http://www.nakanishiya.co.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=1015&cid=14

ページの終端です。ページの先頭に戻る