ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  論集
  • カテゴリ 論集 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 論集カテゴリのエントリ

Toichiro Asada (ed.) The Development of Economics in Japan: From the Inter-war Period to the 2000s, Routledge, 2013.

Series: Routledge Studies in the History of Economics
Hardback: £85.00
978-0-415-66429-5
6th December 2013
212 pages

General Introduction Toichiro Asada
Part I. From the Interwar Period to the 1970s
1. The Lost Thirteen Years : The Return to the Gold Standard Controversy in Japan, 1919 ? 1932 Masazumi Wakatabe
2. Prof. Aoyama’s Study on Robertson and Keynes in the Interwar Japan in Comparison with My Interpretation : "With or Without" Dynamic General Equilibrium Theory(DGFT) Toshiaki Hirai
3. Japanese Contributions to Dynamic Economic Theories from the 1940s to the 1970s : A Historical Survey Toichiro Asada Part II. Economics of the Lost Twenty Years in Japan from the 1990s to the 2000s
4. Controversies Regarding Monetary Policy and Deflation in Japan from the 1990s to the early 2000s Asahi Noguchi
5. Is There Any Cultural Difference in Economics? : Keynesianism and Monetarism in Japan Masazumi Wakatabe
6. Macrodynamics of Deflationary Depression : A Japanese Perspective Toichiro Asada

・版元の紹介ページ
http://www.routledge.com/books/details/9780415664295/
柳田芳伸・諸泉俊介・近藤真司編『マルサス ミル マーシャル:人間と富との経済思想』昭和堂、2013年11月。

出版年月日 2013/11/14
ISBN 9784812213445
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 本体3,000円+税

・目次
第?部 マルサス

第1章 『人口論』初版における功利主義(柳沢哲也)

第2章 チャーマーズの「享楽の一般標準」の概念について(真鍋智嗣)

第3章 マルサス主義的結婚システム論の一展開―下層中流階級の家庭生活の分析を通して(柳田芳伸)


第?部 ミル

第4章 J・S・ミルの救貧思想(諸泉俊介)

第5章 J・S・ミルの経済学と人間的成長――教育と労働者の自律をめぐって(松井名津)

第6章 ミルの賃金基金説とフェミニズム(舩木惠子)

第7章 ヘンリ・フォーセットの労働者自立論(森下宏美)


第?部 マーシャル

第8章 マーシャル『経済学原理』における人間観―J・S・ミルとの関係から(中井大介)

第9章 マーシャルと有機的成長(近藤真司)

第10章 新自由主義の人間福祉経済学――J・A・ホブスンの貢献(姫野順一)

・版元の紹介ページ
http://www.showado-kyoto.jp/book/b128038.html
大坪正一・宮永崇史編著『環境・地域・エネルギーと原子力開発:青森県の未来を考える』弘前大学出版会、2013年10月。

A5判・167頁・並製
定価 1,470円(本体1,400円)
ISBN 978-4-907192-06-8
発行 2013年10月1日

・版元の紹介ページ
http://www.hirosaki-u.ac.jp/hupress/2013/10/%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%83%BB%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%A8%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%80%80%EF%BD%9E%E9%9D%92%E6%A3%AE%E7%9C%8C/
室田保夫編著『人物でよむ西洋社会福祉のあゆみ』ミネルヴァ書房、2013年10月。

出版年月日 2013年10月20日
ISBN 9784623066247
判型・ページ数 A5・276ページ
定価 本体3,000円+税

・目次
はしがき

序 章 歴史と人間,そして福祉

第I部 慈善・社会事業の時代
 <時代的背景>
 第1章 ジョン・ハワード――監獄改良運動の創始者
 第2章 トーマス・チャルマーズ――隣人愛による社会実験
 第3章 ジョージ・ミュラー――神の恵みの証としてのブリストル孤児院
 第4章 ルイ・ブライユ――点字の父
 第5章 ヨハン・ヒンリッヒ・ヴィルヘン――ラウエハウス,ヨハネスシュティフトの創設者
 第6章 ウィリアム・ブース――救世軍の創始者
 第7章 F.W.C.ウィラード――アメリカにおける矯風運動の指揮者
 第8章 ファーザー・ダミアン――ハワイ・モロカイの聖者
 第9章 オクタヴィア・ヒル――居住環境改善のパイオニア
 第10章バーネット夫妻――トレインビー・ホールの設立者
 第11章チャールズ・ブース――イギリス社会調査の創始者
 第12章エレン・ケイ――女性・児童福祉へ影響を与えたスウェーデンの思想家
 第13章トーマス・ジョン・バーナード――児童救済事業のパイオニア
 第14章レオン・ブルジョワ――社会連帯主義の現代的意義
 第15章ジェーン・アダムズ――セツルメント運動のリーダー

第II部 社会福祉の時代
 <時代的背景>
 第16章ウェッブ夫妻――ナショナル・ミニマムの提唱者
 第17章ヘレン・ボーザンケット――1909年王立救貧法委員会多数派報告書の主要な執筆者
 第18章M・E・リッチモンド――ソーシャル・ケース・ワークの母
 第19章アリス・ザロモン――ドイツ福祉職を創出するフェミニスト
 第20章ヤヌシュ・コルチャック――子どもの権利の尊重
 第21章ウィリアム・ベヴァリッジ――自由を表現する統制的な手段
 第22章ヘレン・ケラー――障害を乗り越えて
 第23章ヘレン・ハリス・パールマン――ソーシャルワークの先駆者
 第24章リチャード・ティトマス――ソーシャル・ポリシーの「3つのモデル」
 第25章ウィリアム・シュワルツ――相互援助の思想と実践
 第26章マーティン・ルーサー・キング・ジュニア――公民権運動の指揮者
 第27章ホイットニー・ヤング――公民権運動とソーシャル・アクションの指導者
 第28章N.E.バンク―ミケルセン――ノーマライゼーションの父
 第29章エド・ロバーツ――自立生活運動の父として生きた人生
 第30章マザー・テレサ――貧困者・病者への愛と祈り

人物史年表
各人物の活躍した時期
人名索引
事項索引

<コラム>
 1.音楽と社会福祉実践――ヴィヴァルディの活動
 2.ビスマルク
 3.「孤児列車」(Orphan Trains)
 4.ミュルダール夫妻
 5.アガサ・クリスティと里親制度
 6.アメリカにおけるフィランソロピー
 7.JFKの時代,アメリカの夢そして正義


・版元の紹介ページ
http://www.minervashobo.co.jp/book/b122277.html
清水修二・松岡尚敏・下平裕之編『東北発 震災復興学入門:巨大災害と向き合う、あなたへ』山形大学出版会、2013年9月。

価格 800円 + 税
ISBN 978‐4‐903966‐17‐5
仕様 A5判 並製本 244頁 C0030
発行年 2013年9月1日 初版

・版元の紹介ページ
http://www.yamagata-u.ac.jp/books/publication/019.html
Susumu Egashira (ed.) Globalism and Regional Economy, Routledge, 2013.

Series: Routledge Studies in the Modern World Economy
Hardback: £105.00
978-0-415-81719-6
12th September 2013
270 pages

Preface, Susumu Egashira 1. Regional Policy in a Globalized Economy, Gunther Maier and Michaela Trippl Part 1: Free Trade Area in Asia 2. The Effect of Intermediate and Final Goods Trade on Labor Demands in Japanese firms, Sachiko Kazekami and Masahiro Endoh 3. The Characteristics and Perspective of FTAs in China, Yuhong Sun 4. The Effect of Regional Trade Agreements on Technology Spillovers through International Trade, Naoto Jinji, Xingyuan Zhang and Shoji Haruna 5. Currency Cooperation between ASEAN Countries and China, Japan and Korea, Chan-Guk Huh Part 2: Tourism 6. Events and Networking in Tourism Marketing Destinations, Juergen Gnoth, Luisa Andreu and Rafael Curras-Perez 7. The Status of E-Tourism in Hokkaido and Austria, Alfred Taudes and Akiko Tanaka 8. Analysis of the Traffic Lines of Tourists that Visited Kamikawa District in Hokkaido based on Data from the Kamui Mintara Stamp Rally, Nozomi Kichiji 9. Analysis Concerning Person's Perception of the Farm Village Landscape, Tomochika Toguchi Part 3: Medical Management 10. Quality Initiatives in Healthcare, Tomonori Hasegawa 11. Analysis of Hospital Function for Neuronal and Circulatory Diseases in Secondary Medical Service Area in Hokkaido, Katsuhiko Ogasawara, Ryoya Asaoka, Yuji Sase, Tomoki Ishikawa and Kenji Fujimori 12. Japan Global Marketing Strategy of One of the World's Leaders in Printing Technology "Heidelberger Druckmaschinen", Ralf T. Kreutzer Part 4: Marketing Strategy 13. Competitive Strategy of Small Manufacturing Firms, Kenichi Tamai

・版元の紹介ページ
http://www.routledge.com/books/details/9780415817196/
西沢保・小峯敦編『創設期の厚生経済学と福祉国家』、ミネルヴァ書房、2013年8月。

出版年月日 2013年08月10日
ISBN 9784623063352
判型・ページ数 A5・386ページ
定価 本体8,000円+税

・目次
はしがき

序 創設期における厚生経済学の多様性     

I ケンブリッジ学派の厚生経済学と福祉国家
1 シジウィックとケンブリッジ学派の誕生
2 マーシャルにおける厚生経済学と福祉国家
3 マーシャルにおける経済進歩と福祉国家・福祉社会
4 ピグーの道徳哲学と厚生経済学            
5 ピグー厚生経済学の形成と展開
6 誰のための福祉国家?

II オックスフォード派の厚生経済学と福祉国家
7 福祉国家の哲学的基礎
8 福祉経済学者としてのJ.A.ホブソン           
9 リベラル・リフォームの経済思想
10 ウェッブ夫妻のナショナル・ミニマム論
11 ベヴァリッジの福祉社会論

終 規範的経済学の《非厚生主義》的・《非帰結主義》的基礎

索  引

・版元の紹介ページ
http://www.minervashobo.co.jp/book/b105947.html
Sato, Yuji and Susumu Takenaga (eds.) Ricardo on Money and Finance: A Bicentenary Reappraisal, Routledge, 2013.

ISBN: 978-0-415-81467-6

Introduction: Ricardo’s monetary thought two hundred years after
Susumu Takenaga
PART I : Ricardo’s monetary theory in historical context
1 Monetary disequilibrium and the demand for money in Ricardo and Thornton
David Glasner
2 Prices, value and seigniorage in Ricardo’s monetary economics
Jerome de Boyer des Roches
3 Old and new interpretations of classical monetary theory
Yuji Sato
PART II : Aspects of Ricardo’s theory of money and finance
4 The value of money: labour theory of value and quantity theory in Ricardo’s economic theory
Susumu Takenaga
5 The role of the standard in Ricardo’s theory of money
Ghislain Deleplace
6 Interest rate, banking theory and monetary policy in Ricardo’s economics
Sylvie Diatkine
7 Ricardo’s theory of central banking: monetary system and Government
Toshiaki Otomo
PART III : The aftermath of Ricardo’s monetary thought
8 Ricardo versus Tooke: on the enduring value of their respective monetary theories to classical economics
Matthew Smith
9 Interwar reflections on the balance of payments: Taussig and the influence of the Ricardian bullionist tradition
Florencia Sember

・版元の紹介ページ
http://www.routledge.com/books/details/9780415814676/
勝村務・中村宗之編『貨幣と金融:歴史的転換期における理論と分析』社会評論社、2013年4月。

A5版 383頁
発行年月日 2013年4月15日
定価 本体3,400円+税
ISBN 978-4-7845-1819-7

・目次
まえがき(勝村務)
第1部 金融危機と貨幣理論
第1章 シャドウバンキングのプルーデンスについて(木下信行)
第2章 今回の世界金融危機から何を学ぶか―経済学の視点からの小論(神津多可思)
第3章 国際金融システムの再構築に向けて―ブレイディ構想以降の国際金融の動向を踏まえて(本澤実)
第4章 グローバル金融危機と金融規制強化(冨家友道)
第5章 貨幣の価値を決めるもの(勝村務)
第6章 市場の成り立ちに関する一試論(泉正樹)
第7章 金保有に向けた政府紙幣オペレーション(松田学)

第2部 金融グローバル化の諸相
第8章 1998年、SEC規則「プレーン・イングリッシュ」の成立(米山徹幸)
第9章 金融(資本)市場を支えるコーポレート・ガバナンス―注目される監査役制度の課題と展望(加藤裕則)
第10章 電子マネーの新展開と電子マネー論争(竹内晴夫)
第11章 シンガポールと日本の電子マネー(青木登美子)
第12章 ロシアにおける「安定化基金」の設立と再編―第2期プーチン政権の経済政策との関連から(日臺健雄)
第13章 韓国上場企業の所有構造とパフォーマンスに関する実証研究(劉忠實)
第14章 中国の外貨準備について(薛俊)

第3部 貨幣理論の展開と市場の形成
第15章 十八世紀の銀行券論―ジョン・ローとジェームズ・ステュアート(古谷豊)
第16章 マルサス貨幣理論(佐藤宏)
第17章 デリバティブの歴史と今後の研究課題(新井栄二)
第18章 市場における主体の生成―インセンティブ論を契機として(山口系一)
第19章 「シーニアの節欲説」批判と「スミスのドグマ」批判―数式による解釈(栗原春樹)
第20章 ホモ・サピエンスの交換性向―類人猿の比較研究(中村宗之)
第21章 法における「後期近代」と段階論―厳罰化と「世間」をめぐって(佐藤直樹)

追悼 金研究家・高橋靖夫―奥山山脈に孤峰なす独創の人(谷口智彦)
あとがき (中村宗之)
Franz, Roger and Robert Leeson (eds.) Hayek and Behavioral Economics, Palgrave Macmillan, 2013.

ISBN 978-1-4039-9520-9

Foreword by Vernon L. Smith
Introduction
1 Friedrich Hayek's Behavioral Economics in Historical Context
Roger Franz

2 An Hayekian/Kirznerian Economic History of the Modern World
Deirdre Nansen McCloskey

3 Was Hayek an Austrian Economist Yes and No. Was Hayek a Praxeologist?
No.
Walter E. Block

4 Error Is Obvious, Coordination Is the Puzzle
Peter Boettke, W. Zachary Caceres, and Adam Martin

5 Hayek's Contribution to a reconstruction of Economic Theory
Herbert Gintis

6 On the Relationships between Friedrich Hayek and Jean Piaget: A New
Paradigm for Cognitive and Evolutionary Economists
Chiara Chelini and Sonia Riva

7 Cognitive Autonomy and Epistemology of Action in Hayek's and Merleau-
Ponty's Thought
Francesco Di Iorio

8 Hayek's Sensory Order, Gestalt Neuroeconomics, and Quantum
Psychophysics
Taiki Takahashi and Susumu Egashira

9 Mindscape and Landscapes: Hayek and Simon on Cognitive Extension
Leslie Marsh

10 Hayek's Complexity Aussumption, Ecological and Bounded Rationality,
and Behavioral Economics
Morris Altman

11 Subjectivism and Explanations of the Principle: Their Relationship
with Methodological Individualism and Holism in Hayek's Theory
Stefano Fiori

12 Satisficing and Cognition: Complementarities between Simon and Hayek
Peter E. Earl

13 The Oversight of Behavioral Economics on Hayek's Insights
Salvatore Rizzello and Anna Spada

14 Complexity and Degeneracy in Socio-economic Systems
Gerald R. Steele and Hamid Hosseini

ページの終端です。ページの先頭に戻る