ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  共著
  • カテゴリ 共著 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 共著カテゴリのエントリ

内田義彦他『内田義彦の世界:1913-1989〔生命・芸術そして学問〕』藤原書店、2014年3月。

A5並製 336ページ
ISBN-13: 9784894349599
刊行日: 2014/03
定価: 3,456円

・目次
プロローグ〉内田義彦 「生きる」を問い深めて  山田鋭夫

I 今、なぜ内田義彦か
1 今、なぜ内田義彦か〈座談会〉
  中村桂子+三砂ちづる+山田鋭夫+内田純一

2 今、内田義彦を読む
  片山善博 花崎皋平 山?怜 竹内洋 海勢頭豊 山田登世子
  稲賀繁美 田中秀臣 松島泰勝 宇野重規 小野寺研太

II 内田義彦を語る
1 内田義彦と私
  野間宏 山本安英 木下順二 杉原四郎 福田歓一 竹内敏晴 江藤文夫
  天野祐吉 住谷一彦 山?怜 一海知義 加藤亮三 中村桂子 山田真
  山田登世子 野沢敏治 笠井賢一 南堀英二 朴才暎 都築勉

2 内田義彦を語る夕べ
  山田鋭夫 木下順二 川喜田愛郎 長幸男 吉澤芳樹 山之内靖 有馬文雄
  田添京二 山?怜 南堀英二 山本稚野子 永畑道子 福島新吾 福田歓一
  唄孝一 玉垣良典 石田雄 江藤文夫 内田純一 内田宣子

III 内田義彦が語る
内田義彦の生誕〔内田義彦はいかにして内田義彦になったか〕(山田鋭夫=編)

内田義彦の知られざる文章から
  “神話”の克服へ/読むこと きくこと/読んでわかるということ/
  社会科学の文章/他の生物とちがう人間の特殊性/資本主義に独自なダイナミズム/
  教育批判への視座/覚書世界史年表

〈エピローグ〉 内田義彦の書斎〔遺されたものに想う〕  内田純一
〈付〉主要作品解説/略年譜/著作目録

・版元の紹介ページ
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1370
楠茂樹・楠美佐子『ハイエク:「保守」との訣別』中央公論新社、2013年4月。


初版発行日2013/4/10
判型四六判
ページ数232ページ
定価1890円(本体1800円)
ISBNコードISBN978-4-12-110013-9

・目次

第1章 景気循環論
 第1節 忘れられた経済学者
 第2節 ハイエクの景気循環論
 第3節 不況の原因について
 第4節 自己調整機能をもつ自生的秩序の構想
第2章 社会主義批判
 第1節 自由主義者への転向
 第2節 社会主義経済計算論争
 第3節 『隷属への道』
 第4節 社会主義批判のその後
第3章 競争と市場
 第1節 自生的秩序の経済思想研究へ
 第2節『経済学と知識』とハイエクの「転換」
 第3節 知識論と競争論
 第4節 市場秩序、カタラクシー
 第5節 カタラクシーをめぐる自由とルール
第4章 自由論
 第1節 自由の多義性
 第2節 自由の意義
 第3節 社会現象の認識手法としての個人主義
 第4節 経済的行為の自由
 第5節 ハイエク社会哲学における自由論の位置付け
第5章 ルール論
 第1節 法分野への架橋
 第2節 自由論から法の支配論へ
 第3節 法の支配とは
 第4節 ルールの所在
 第5節 無知ゆえのルール
 第6節 進化論とルール
第6章 企業活動とその規律
 第1節 契約の自由を規律するもの
 第2節 権利の帰属
 第3節 独占と独占者による差別の禁止
 第4節 競争制限協定の禁止
 第5節 現代資本主義においてルールが担うもの
第7章 全体主義批判の構造
 第1節 全体主義との戦い
 第2節 設計主義の誤謬
 第3節 社会正義の幻想
 第4節 民主主義のリスク
 第5節 全体主義批判の魅力と反発
第8章 自由市場と社会的責任
 第1節 民主主義社会における企業
 第2節 経営者の信認義務
 第3節 政治権力化への懸念
 第4節 法的規律の重要性
 第5節 企業活動の担い手としての労働者について
 第6節 社会的責任論の孕む危険
第9章 福祉国家批判
 第1節 福祉国家の形成と変容
 第2節 「福祉国家」の概念と「社会正義」の概念
 第3節 社会保障制度に対する批判
 第4節 累進課税制度に対する批判
 第5節 労働組合に対する批判
 第6節 ハイエクにおける一般福祉論とは
第10章 ハイエク社会哲学の保守性と非保守性
 第1節 なぜわたくしは保守主義者ではないのか
 第2節 保守主義とは変えたくないこと
 第3節 自由主義と保守主義の共通点と相違点
 第4節 保守主義と社会主義の類似
 第5節 保守主義の貧困とその危険性
 第6節 ハイエクの保守性
あとがき

・版元の紹介ページ
http://www.chuko.co.jp/zenshu/2013/04/110013.html
若田部昌澄・栗原裕一郎『本当の経済の話をしよう』筑摩書房、2012年8月。


シリーズ:ちくま新書
定価:987円(税込)
Cコード:0233
整理番号:973
刊行日: 2012/08/06
判型:新書判
ページ数:320
ISBN:978-4-480-06678-7
JANコード:9784480066787

・版元の紹介ページ
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480066787/
麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣『日本建替論:100兆円の余剰資金を動員せよ!』藤原書店、2012年2月。

四六並製 288ページ
ISBN-13: 9784894348431
刊行日: 2012/02
定価: 1,680円

・目次
はじめに  麻木久仁子

I デフレ下日本を直撃した東日本大震災
 デフレと震災のダブルパンチ
 「増税」という愚策――官僚の論理を超えて
 「デフレ病」が日本を蝕む

II TPPへの対応と借金経済からの脱出
 脱「借金経済」のモデルになれるか
 TPPとアジア市場

III 提言――「公共投資」と「雇用対策」
 真の「公共投資」が必要な時代
 雇用を犠牲にするな

IV 100兆円の余剰資金を動員せよ! 〔「大復興・日本再生」をめざして〕  田村秀男

V 大震災と復興の経済学 〔関東大震災に日本の経済学者はいかに反応したか〕  田中秀臣

日本を建て替えよう――あとがきにかえて  田中秀臣

・版元の紹介ページ
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1243
田中秀臣・上念司『「復興増税」亡国論:2013年“震災恐慌”を防げ!』宝島社、2012年1月。

定価: 本体724円+税
判型: 新書判
ページ数: 254P
ISBN: 978-4-7966-8993-9
発売日: 2012年01月10日

・目次
まえがき

序章
 最悪のシナリオ、震災恐慌を避けるために
 関東大震災、阪神・淡路大震災の経験
 恐慌はそしらぬ顔をしてやってくる
 日本に明るい未来が訪れることを願って

第1章 恐慌は、そしらぬ顔をしてやってくる
 僕たちの3・11
 「ナイトの不確実性」が示す現在
 今回の震災は景気後退、リーマンショックに続くトリプルショック
 過去の経験に学ぶ
 恐慌は、そしらぬ顔をしてやってくる
 …ほか

第2章 今、本当に起こっていること
 破壊を救えるのは経済政策のみ
 本当に無策な政府の復興計画
 デフレをつくり放置する日銀
 いまだにインフレを心配する日銀
 デフレなのに引き締める?
 …ほか

第3章 最悪のシナリオ
 考えられる最悪のシナリオ「増税+金融引き締め」
 増税で一番苦しむのは被災地
 増税すると逆に税収が減る
 これだけの震災でも何もしない日銀の体質
 マズい経済政策と日銀を批判できないマスコミ

第4章 資産市場はどうなるか
 衝撃はストック市場から実体経済へ
 政府も日銀も無策のままか!?
 株式市場はドーンと下がって、少し上げたが……
 原発事故の展開次第
 阪神・淡路大震災のとき、株価は6か月後に底が
 …ほか

第5章 震災恐慌を防げ!
 震災復興べからず集
 べからず集その1. 増税
 べからず集その2. 金融引き締め
 べからず集その3. 復興資金の逐次投入
 復興国債を発行し、日銀が直接買い入れろ!
 …ほか

新書特別付録 世界一やさしい“増税なしの”復興財源捻出方法
 そもそも日銀マンと財務省職員の関係について
 日銀による国債の直接引き受けの法律的根拠 
 30兆円の法律の枠内の国債直接引き受けで、通過の信認は毀損するか?

・版元の紹介ページ
http://tkj.jp/book/?cd=01899301
田中秀臣・上念司『震災恐慌!:経済無策で恐慌がくる!』宝島社、2011年5月。

定価: 本体1238円+税
判型: 変型
ページ数: 223P
ISBN: 978-4-7966-8342-5
発売日: 2011年05月20日

・目次
まえがき
 最悪のシナリオ、震災恐慌を避けるために
 関東大震災、阪神・淡路大震災の経験
 恐慌はそしらぬ顔をしてやってくる
 日本に明るい未来が訪れることを願って

第1章 恐慌はそしらぬ顔をしてやってくる
 僕たちの3・11
 「ナイトの不確実性」が示す現在
 今回の震災は景気後退、リーマンショックに続くトリプルショック
 …ほか

第2章 今、本当に起こっていること
 破壊を救えるのは経済政策のみ
 本当に無策な政府の復興計画
 デフレを作り放置する日銀
 …ほか

第3章 最悪のシナリオ
 考えられる最悪のシナリオ「増税+金融引き締め」
 増税で一番苦しむのは被災地
 増税すると逆に税収が減る
 …ほか

第4章 資産市場はどうなるか
 衝撃はストック市場から実体経済へ
 政府も日銀も無策のままか!?
 株式市場はドーンと下がって、少し上げたが……
 …ほか

第5章 震災恐慌を防げ!
 震災復興べからず集
 べからず集その1.増税
 べからず集その2.金融引き締め
 …ほか

・版元の紹介ページ
http://tkj.jp/book/?cd=01834201
浜田宏一・若田部昌澄・勝間和代『伝説の教授に学べ!:本当の経済学がわかる本』東洋経済新報社、2010年6月。

ISBN:978-4-492-39533-2
旧ISBN:4-492-39533-4
サイズ:四六判 並製:284頁 C3033
発行日:2010年6月24日
価格:¥1,575(税込)

・目次
第1章 デフレって何だろう
第2章 こうすればデフレは止められる
第3章 なぜインフレターゲットが必要なのか
第4章 「伝説の教授」はこうして経済学を学んだ
第5章 歴史に学ぶ「反デフレ」の闘い:大不況・昭和恐慌の教訓
第6章 デフレ脱却後、日本経済はこうなる
終 章 これが「本当の経済学」だ!

・版元の紹介ページ
http://www.toyokeizai.net/shop/books/detail/BI/183725c0ec5f814d13449a3b4ffa76e2/
Toichiro Asada, Carl Chiarella, Peter Flaschel, and Reiner Franke, Monetary Macrodynamics, Routledge, 2010.

ISBN: 978-0-415-54837-3
Publish Date: 5th March 2010
Pages: 448 pages

http://www.routledge.com/books/details/9780415548373/

Part I: Conventional AD-AS Modeling
1. Models of Growth, Inflation, and the Real-Financial Market Interaction
2 Neglected Textbook Results: IS-LM-PC Inflation Dynamics
3. Strange AS-AD Outcomes: Rational Expectations Inflation Theory
4. Taking Stock: Keynesian Theories of Aggregate Demand and Supply (by
Amitava Dutt and Peter Skott)

Part II: Matured Keynesian AD-AS Modeling
5. Expectations and the Real-Wage Feedback Channel. Two Competing Baseline
Approaches
6. Beyond Neoclassical Syntheses: A Baseline DAS-AD Model
7. Reformulation and Estimation of the Baseline Model
8. Applied DAD-DAS Modelling: Elaboration and Calibration

Part III: Outlook: Real-Financial Markets Interaction from a Keynesian
Perspective
9. Keynes-Metzler-Goodwin Growth Dynamics and Tobinian Portfolio Choice

ページの終端です。ページの先頭に戻る