ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  翻訳
  • カテゴリ 翻訳 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

新刊情報 - 翻訳カテゴリのエントリ

ヒューム『政治論集』田中秀夫訳、京都大学学術出版会、2010年06月。

近代社会思想コレクション04
四六上製・420頁
出版社:京都大学学術出版会
ISBN:9784876989621
発行年月:2010/06
定価:税込3885円

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1684
D.D.ラフィル『アダム・スミスの道徳哲学:公平な観察者』生越利昭・松本哲人訳、昭和堂、2009年11月、A5判、320ページ、6300円(税込)

・目次
第1章 2つの版
第2章 同感と想像力
第3章 動機と結果
第4章 観察者の理論
第5章 公平な観察者
第6章 比較と論評
第7章 道徳規則
第8章 特
第9章 主要な徳
第11章 倫理学と神学
第12章 法学
第13章 倫理学と経済学
第14章 スミスの不朽の貢献

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-gakujutsu.co.jp/showado/mokuroku/catalog/tetugaku.html#ISBN978-4-8122-0954-0
ヨハン・モスト原著、カール・マルクス加筆・改訂、大谷禎之介訳『マルクス自身の手による資本論入門』大月書店、2009年10月、46判、216ページ、本体2200円。

・目次
訳者まえがき
凡例
マルクス自身の手による資本論入門
はじめに
商品と貨幣
資本と労働
資本主義的生産様式の基礎
労働日
協業と分業
大工業
工場制度発展の諸結果
労賃
資本の再生産過程と蓄積過程
資本主義的人口法則
資本主義的過剰人口のさまざまの形態-大衆の窮乏
現代の資本の起源
むすび
『資本と労働』第二版の成立とマルクス自用本の来歴について
ヴィンフリート・シュヴァルツ
一 扇動家だったヨハン・モスト
二 『ダイジェスト』の制作と印刷の状況
三 科学のわかる叙述
四 マルクスによる『ダイジェスト』の改訂
五 改訂版へのマルクスとエンゲルスの態度
六 マルクス自用本の来歴について

訳者あとがき
用語解説索引

・版元の紹介ページ
http://www.otsukishoten.co.jp/cgi-bin/otsukishotenhon/siteup.cgi?&category=1&page=0&view=&detail=on&no=487

ページの終端です。ページの先頭に戻る