ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

新刊情報 - 201804のエントリ

畔上ほか著『社会科教科内容構成学の探求〜教科専門からの発信』風間書房、2018年3月

出版年月日:2018年3月
ISBN:978-4-7599-2219-6
判型・ページ数:A5・304ページ
定価:本体3,800円+税

目次
はじめに
第1章 社会科の教科内容の体系的構成にむけて
第2章 空間系の社会科――地理的領域の教科内容構成――
第3章 時間系の社会科――歴史的領域の教科内容構成――
第4章 価値次元の社会科――公民諸領域の教科内容構成――
第5章 社会科教育学と教科内容
あとがき

*以下,版元の紹介ページです。
https://www.kazamashobo.co.jp/products/detail.php?product_id=2230
山脇直司編著 『教養教育と統合知』東京大学出版会、2018年3月3

出版年月日:2018年3月
ISBN:978-4-13-016035-3
判型・ページ数:A5・288ページ
定価:本体 3,300円+税

出版社サイト
http://www.utp.or.jp/book/b345338.html

目次
はじめに――本書の企図と構成  山脇直司 
第1部 教養教育を再考する
 第1章 「教養」のための弁明(アポロギア)  野家啓一
 第2章 新しいリベラルアーツを求めて  今田高俊
 第3章 教養教育と市民形成  直江清隆
第2部 統合的教養教育をめざして
 第4章 後期教養教育と統合学――リベラルアーツと知の統合  藤垣裕子
 第5章 新学部創設と社会問題アプローチ――「教養」としての統合知を目指して  水野義之
 第6章 討論型授業による教養教育  宇佐美 誠
 コラム1 教養教育と統合教育  伊東俊太郎
 コラム2 教養ということ  八木誠一
第3部 人間存在の統合知
 第7章 教養教育における公共哲学の統合的役割――シュライエルマッハー的アプローチ  山脇直司
 第8章 ホワイトヘッドの教育論――古典教育と科学教育の統合  田中 裕
 第9章 宗教間対話と存在論  竹内日祥,田中 裕
 第10章 教養教育における宗教学の役割――教育環境の変化のなかで  島薗 進
 第11章 そこに人間がいるとはどのようなことか――「生命の哲学」の視点から  森岡正博
第4部 現代社会の課題と統合的教養――原子力,グローバル資本主義,IT社会――
 第12章 現代社会とエネルギー(原子力)問題――その統合学的考察  鈴木達治郎
 第13章 グローバル資本主義と主流派マクロ経済学の抱える問題性――政治経済学的志向の必要性  平井俊顕
 第14章 知のコンピューティングと森羅万象の価値創造――リアリティー2.0試論  岩野和生
おわりに  山脇直司


山脇直司会員は第7章、平井俊顕会員は第13章を担当して
います。

*以下,版元の紹介ページです。
http://www.utp.or.jp/book/b345338.html
北田了介編著『教養としての経済思想』,萌書房,2018年4月。

A5版/141頁
初版年月日:2018/04/20
ISBN: 9784860651190
税込価格:1,944円

目次
はじめに
オリエンテーション
第1章 ロック
第2章 ケネー
第3章 ヒュームとステュアート
第4章 アダム・スミス
第5章 マルサス
第6章 リカード
第7章 J.S.ミル
第8章 マルクス
おわりに

渡辺邦博会員が第3章を担当。
D. ウェイド・ハンズ著,高見典和・原谷直樹・若田部昌澄監訳,『ルールなき省察ー経済学方法論と現代科学論』,慶應義塾大学出版会,2018年3月。

A5判/上製/540頁
初版年月日:2018/03/30
ISBN:978-4-7664-2508-6
税込価格:6,480円

目次
日本語版序文
序文

第1章 序論
 1.1 経済学方法論
 1.2 現代の科学論
 1.3 主題を変更する
 1.4 読者への案内

第2章 経済学の方法論的伝統
 2.1 経済学方法論のミル的伝統
 2.2 他の実証主義的見解

第3章 科学哲学における「定説」の崩壊
 3.1 科学哲学における「定説」
 3.2 「定説」への攻撃
 3.3 第一戦目の応答
 3.4 自然主義的転回への舞台設定

第4章 自然主義的転回
 4.1 認識論を自然化する
 4.2 心理学と,知識に対する認知的アプローチ
 4.3 ダーウィンからの励まし:進化論的認識論
 4.4 消去的唯物論と心の哲学

第5章 社会学的転回
 5.1 社会と科学知識
 5.2 科学知識の社会学
 5.3 自然,社会,SSK,経済学

第6章 プラグマティズム,対話,立場
 6.1 プラグマティズム的転回
 6.2 ネオ・プラグマティズムと対話的転回
 6.3 フェミニズム認識論と経済学

第7章 経済学方法論の近年の発展
 7.1 ポパーの伝統
 7.2 ミルの伝統
 7.3 実在論のテーマ
 7.4 認知的および意味論的テーマ

第8章 経済学的転回
 8.1 現代科学論における経済学的転回
 8.2 科学の経済学
 8.3 科学知識の経済学(ESK)
 8.4 経済学的転回に関する結論

第9章 結論
 9.1 新しい経済学方法論から得られる教訓
 9.2 関連するいくつかの懸念

原注
参考文献
解説
あとがき
人名索引・事項索引

監訳者の他,金子創会員,桑田学会員,長津十会員,長雄幸一会員,太子堂正称会員も翻訳を担当されています。

*以下,版元の紹介ページです。
http://www.keio-up.co.jp/np/detail_contents.do?goods_id=3826
田村信一『ドイツ歴史学派の研究』日本経済評論社,2018年3月

定価:本体4800円+税
ISBN:978-4-8188-2495-9
判型:A5判
頁:345頁
刊行:2018年03月

目次
第1章 ドイツ歴史学派
第2章 ヴィルヘルム・ロッシャーの歴史的方法--『要綱』刊行150年にあたって--
第3章 国民経済から資本主義へ--ロッシャー、シュモラー、ゾルバルト--
第4章 グスタム・シュモラーの生涯と学説--社会問題から経済社会学へ--
第5章 グスタフ・シュモラーの方法論--『国民経済、国民経済学および方法』--
第6章 社会政策の経済思想:グスタフ・シュモラー
第7章 シュルツェ=ゲーヴァニッツの社会政策思想--『社会平和』を中心に--
第8章 近代資本主義論の生成--ゾルバルト『近代資本主義』の意義--
第9章 資本主義とエコロジー--ゾルバルトの近代資本主義論--
補 論 小林昇とドイツ経済思想史研究

*以下,版元の紹介ページです。
http://www.nikkeihyo.co.jp/books/view/2495

ページの終端です。ページの先頭に戻る