ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  新刊情報  >  最新エントリー

新刊情報 - 最新エントリー

一井昭編『グローバル資本主義の構造分析』中央大学出版部、2010年3月。
A5判284頁  
本体3,600円(税抜)
ISBN 978-4-8057-2243-5

・版元の紹介ページ
http://www2.chuo-u.ac.jp/up/isbn/ISBN978-4-8057-2243-5.htm

はしがき
一井昭

序章 ドル体制と金融グローバル化規制をめぐる攻防
一井昭

第1章 「21世紀型」世界金融経済恐慌と擬制金融資本主義
前田利光

第2章 グローバリゼーションと新自由主義
東浩一郎

第3章 2008年世界経済危機と現代資本主義の性格
佐藤拓也

第4章 日本資本主義の蓄積構造
秋保親成

第5章 アメリカ経済(1991-2001年)の再生産構造分析
平野健

第6章 現代資本主義の蓄積様式とグローバル資本主義の危機
松橋透

第7章 今回の世界金融危機の性格をめぐって
米田貢
 
第8章 現代資本主義における資本蓄積と経済格差
鳥居伸好
 
第9章 グローバル資本主義の行方
鶴田満彦
森岡孝二『強欲資本主義の時代とその終焉』桜井書店、2010年4月。

B6判 368+22ページ
本体2800円
ISBN9784921190644

 序 章 現代とはどんな時代なのか

第1部 現代資本主義の全体像と時代相
 第1章 現代資本主義論争によせて 
 第2章 現代資本主義の現代性と多面性
 第3章 雇用関係の変容と市場個人主義
 第4章 株主資本主義と派遣切り

第2部 日本経済と雇用・労働
 第5章 バブルの発生・崩壊と1990年代不況
 第6章 悪化する労働環境と企業の社会的責任
 第7章 労務コンプライアンスとサービス残業
 第8章 非正規労働者の増大と貧困の拡大

 終 章 新しい経済社会のあり方を求めて

あとがき
事項索引
人名索引参考文献
中川栄治『「アダム・スミス価値尺度論」欧米文献の分析:基本的諸問題をめぐって(上)』晃洋書房、2010年2月。

発行日:2010年2月28日
定価:9,240円 本体8,800円
ISBN:978-4-7710-2014-6

・版元の紹介ページ
http://www.koyoshobo.co.jp/backnumber/detail.php?isbn=2014-6

【上巻目次】 *小項目を除く諸項目のみ
序 論

第I部 「アダム・スミス価値尺度論」研究の展開

第1章 19世紀末の研究から

第2章 20世紀初頭1910年以前の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 「価値の因果的説明の問題と価値尺度の問題」,『国富論』第1篇第5章(および第6,第7章)で取り扱われている問題,に関連して 3. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 4. 真の価値尺度を「労働」,「投入された労働」,「支配される労働」とする際の論理・根拠に関連して 5. 「支配される労働」という「労働」によって測定されることになる価値(測定対象再論),語法,「支配労働量」を算出するための賃金率,に関連して 6. 異質労働の問題に関連して 7. 金・銀・貨幣および穀物に関連して; 結びに代えて

第3章 1910年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 「価値の因果的説明の問題と価値尺度の問題」に関連して 3. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 4. 真の価値尺度を「労働」,「投入された労働」,「支配される労働」とする際の論理・根拠に関連して 5. 異質労働の問題に関連して 6. 貨幣(金・銀)および穀物に関連して; 結びに代えて

第4章 1920年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 「価値の因果的説明の問題と価値尺度の問題」,『国富論』第1篇第5章で取り扱われている問題,に関連して 3. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 4. 真の価値尺度を「労働」,「投入された労働」,「支配される労働」とする際の論理・根拠に関連して 5. 異質労働の問題に関連して 6. 穀物に関連して; 結びに代えて

第5章 1930年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 『国富論』第1篇第5章で取り扱われている問題に関連して 3. 「価値の因果的説明の問題」と「価値尺度の問題」,あるいは,「価値の内在的尺度の問題」と「価値の外在的尺度の問題」,に関連して 4. 「投入された労働」と「支配される労働」に関連して 5. 穀物に関連して; 結びに代えて

第6章 1940年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 3. 真の価値尺度を「労働」とする際の根拠,基本的な考え方,に関連して 4. 貨幣および穀物に関連して 5. 社会の「年々の生産物」の,とくに,そのありうる変化の,指標; 結びに代えて

第7章 1950年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 「価値の因果的説明の問題と価値尺度の問題」,『国富論』第1篇第5章で取り扱われている問題,に関連して 3. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 4. 真の価値尺度を「労働」,「支配される労働」とする際の論理・根拠に関連して 5. 異質労働の問題に関連して 6. 金・銀・貨幣および穀物に関連して; 結びに代えて

第8章 1960年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 「価値の因果的説明の問題と価値尺度の問題」,『国富論』第1篇第5章で取り扱われている問題,に関連して 3. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 4. 真の価値尺度を「労働」,「投入された労働」,「支配される労働」とする際の論理・根拠に関連して 5. 異質労働の問題に関連して 6. 金・銀・貨幣および穀物に関連して; 結びに代えて

第9章 1970年代の研究から

1. 測定対象に関連して 2. 「価値の因果的説明の問題と価値尺度の問題」,また,『国富論』第1篇第5章,および第6,第7章,そして第 11章(の「余論」)で取り扱われている問題,に関連して 3. 真の価値尺度としての労働 ――「投入された労働」,「支配される労働」―― に関連して 4. 真の価値尺度を「労働」,「投入された労働」,「支配される労働」とする際の論理・根拠に関連して 5. 異質労働の問題に関連して 6. 貨幣および穀物に関連して; 結びに代えて

第I部のおわりに
Bradley Bateman, Toshiaki Hirai and Maria Cristina Marcuzzo (eds.) The Return to Keynes, Belknap Press of Harvard University Press, 2010.

320 pages
ISBN: 978-0674035380

・版元の紹介ページ
http://www.hup.harvard.edu/catalog/BATRET.html
中山智香子『経済戦争の理論:大戦間期ウィーンとゲーム理論』勁草書房、2010年2月。

定価:3,360円
四六判・308ページ
ISBN: 978-4-326-15410-4

・版元の紹介ページ
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b56136.html
藤田菜々子『ミュルダールの経済学:福祉国家から福祉世界へ』NTT出版、2010年2月。
定価:3,990円
サイズ:A5判
ISBN: 978-4-7571-2254-3

・版元の紹介ページ
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002030
中島岳志・片山杜秀・高田里惠子・植村和秀・田中秀臣著、芹沢一也・荻上チキ編『日本思想という病:なぜこの国は行きづまるのか?』光文社、2010年1月。

・目次
1章 保守・右翼・ナショナリズム
  中島岳志
2章 中今・無・無責任
  片山杜秀
3章 文系知識人の受難
  高田里惠子
4章 思想史からの昭和史
  植村和秀
5章 ニッポンの意識
  田中秀臣

・版元の紹介ページ
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334976033
D.D.ラフィル『アダム・スミスの道徳哲学:公平な観察者』生越利昭・松本哲人訳、昭和堂、2009年11月、A5判、320ページ、6300円(税込)

・目次
第1章 2つの版
第2章 同感と想像力
第3章 動機と結果
第4章 観察者の理論
第5章 公平な観察者
第6章 比較と論評
第7章 道徳規則
第8章 特
第9章 主要な徳
第11章 倫理学と神学
第12章 法学
第13章 倫理学と経済学
第14章 スミスの不朽の貢献

・版元の紹介ページ
http://www.kyoto-gakujutsu.co.jp/showado/mokuroku/catalog/tetugaku.html#ISBN978-4-8122-0954-0
ヨハン・モスト原著、カール・マルクス加筆・改訂、大谷禎之介訳『マルクス自身の手による資本論入門』大月書店、2009年10月、46判、216ページ、本体2200円。

・目次
訳者まえがき
凡例
マルクス自身の手による資本論入門
はじめに
商品と貨幣
資本と労働
資本主義的生産様式の基礎
労働日
協業と分業
大工業
工場制度発展の諸結果
労賃
資本の再生産過程と蓄積過程
資本主義的人口法則
資本主義的過剰人口のさまざまの形態-大衆の窮乏
現代の資本の起源
むすび
『資本と労働』第二版の成立とマルクス自用本の来歴について
ヴィンフリート・シュヴァルツ
一 扇動家だったヨハン・モスト
二 『ダイジェスト』の制作と印刷の状況
三 科学のわかる叙述
四 マルクスによる『ダイジェスト』の改訂
五 改訂版へのマルクスとエンゲルスの態度
六 マルクス自用本の来歴について

訳者あとがき
用語解説索引

・版元の紹介ページ
http://www.otsukishoten.co.jp/cgi-bin/otsukishotenhon/siteup.cgi?&category=1&page=0&view=&detail=on&no=487
松尾匡『対話でわかる痛快明解 経済学史』日経BP社、2009年8月31日発行、A5判、316ページ、本体1600円、ISBN 978-4-8222-4764-5

・目次
第1章 アダム・スミス
第2章 リカード
第3章 マルクス
第4章 ジェボンズ、メンガー、ワルラス
第5章 マーシャル
第6章 ケインズ
第7章 ヒックスからサミュエルソンへ
第8章 フリードマンと反ケインズ革命
終 章 そして、経済学の現在へ

・版元の紹介ページ
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P47640.html

ページの終端です。ページの先頭に戻る