ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  経済学史学会

経済学史学会

サブカテゴリー

学会紹介
大会情報
部会
経済学史学会には地域ごとに部会があり、大会とは別に年間数回の会合を開いております。
関東(1951年10月発足)、関西部会(1952年秋発足)から始まり、現在は、北海道(1999年9月発足)、東北(1980年6月発足)、関東、関西、西南(1956年発足)の5部会をかぞえます。
研究会
『経済学史研究』
経済学史学会の学会誌です。1963年に『経済学史学会年報』として第1巻が創刊され、2004年の第46巻までその名前で刊行されました。
2005年の第47巻から現在の名称に改められ、同時に年2回刊行になりました。
なお、1989年の第27巻から公募論文の査読制を導入しました。
研究奨励賞
若い世代の会員による経済学史、社会・経済思想史研究の活発化と発展に資するため、2002年10月に研究奨励賞の創設が決定されました(『学会ニュース』第21号)。

その後、2005年5月と2015年5月に奨励の範囲が拡充され、現在では次の2つを対象としています。いずれも40歳未満の学会員の著作です。

(1) 本賞:過去3年以内に刊行された単著単行本
(2) 論文賞:過去3年以内に刊行された論文
英文論集
経済学史学会の研究成果を海外に発信する方法の一つとして、当学会では英文著作を刊行してきています。現在までに下記の著作が出版されています。
『ニュースレター』
若手プログラム
若手研究者育成プログラム(Young Scholars Seminar)は、2006年9月に第1回を実施しました。
もともと「主として大学院博士課程クラスの若手研究者を対象」にして、「参加者による報告と講師からの助言や参加者同士の討議、講師による研究状況をめぐる講演や、ゲストの招待」を内容に、若手研究者を奨励する意図がありました(学会ニュース27号による)。
その後、大学院修了者も含む形で、英語論文の発表と外国人のコメント、プレゼン技術の指南、共同研究の発掘など、様々な企画を試みて現在に至っています。
メーリングリスト
リンク

ページの終端です。ページの先頭に戻る