ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  経済学史学会  >  『経済学史研究』  >  57巻(2015-2016)

『経済学史研究』57巻2号(2016年1月)


目次

論文
Series: Women and Economics <1>
松野尾裕「丸岡秀子の生活・家計研究――その思索の根幹について――」, 1-24.

Motohiro Okada, Leon Walras's Thoughts on Labour in His Trilogy: A Moulding of the Neoclassical Principle of Labour Exchange, 25-45.

南森茂太「神田孝平における「人民」」, 46-67.

斉藤尚「道徳的ルールとしてのアローの社会的選好順序」, 68-88.

English Translation Series: Japanese Historians of Economic Thought <1>
Kiyoaki Hirata, Marx's Concept of Civil Society, Translated by Kunihiko Uemura, 89-102.

Notes and Communications
OBITUARY
Hisashi Shinohara, Ian Simpson Ross (1930-2015), 103-107.

田中秀臣「アベノミクスをめぐる論争――日本は復活したか,それともまだ罠にはまったままか?――:
      若田部昌澄『解剖 アベノミクス』日本経済新聞出版社, 2013年
      伊東光晴『アベノミクス批判――四本の矢を折る』岩波書店, 2014年
      西部忠『貨幣という謎――金と日銀券とビットコイン』NHK出版新書, 2014年
      服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書, 2014年」, 108-111.

荒川章義「政治歴史経済学に向けて:
      トマ・ピケティ(山形浩生他訳)『21世紀の資本』みすず書房, 2014年」, 112-115.

書評
 ・吉野裕介 : Angus Burgin, The Great Persuasion: Reinventing Free Markets since the Depression, Harvard University Press, 2012
 ・伊藤宣広 : Carlo Cristiano, The Political and Economic Thought of the Young Keynes: Liberalism, Markets, and Empire, Routledge, 2014
 ・黒須純一郎 : Riccardo Faucci, A History of Italian Economic Thought, Routledge, 2014
 ・Kiichiro Yagi : Aiko Ikeo, A History of Economic Science in Japan: The Internationalization of Economics in the Twentieth Century, Routledge, 2014
 ・Yoshihiro Yamazaki : Mario Pomini, The Paretian Tradition during the Interwar Period: From Dynamics to Growth, Routledge, 2014
 ・大塚雄太 : Eugen Wendler, Friedrich List(1789-1846): Ein Oekonom mit Weitblick und sozialer Verantwortung, Springer Gabler, 2013
 ・Satoshi Yamazaki : Michel S. Zouboulakis, The Varieties of Economic Rationality: From Adam Smith to Contemporary Behavioural and Evolutionary Economics, Routledge, 2014
 ・山根卓二 : ウィリアム・カップ著, S. バーガー / R. ステパッチャー編集(大森正之訳)『制度派経済学の基礎』出版研,人間の科学新社(発売), 2014
 ・小林 純 : 桑田学『経済的思考の転回――世紀転換期の統治と科学をめぐる知の系譜』以文社, 2014
 ・石井信之 : 中矢俊博『天才経済学者たちの闘いの歴史――経済学史入門』同文舘出版, 2014
         武田信照『近代経済思想再考――経済学史点描』ロゴス, 2013
         小畑二郎『経済学の歴史』慶應義塾大学出版会, 2014
 ・近藤真司 : アルフレッド・マーシャル(伊藤宣広訳)『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』ミネルヴァ書房, 2014
 ・塚本恭章 : 森岡真史『ボリス・ブルツクスの生涯と思想――民衆の自由主義を求めて』成文社, 2012
 ・諸泉俊介 : 安井俊一『J.S. ミルの社会主義論――体制論の倫理と科学』御茶の水書房, 2014
 ・大槻忠史 : 吉田忠『近代オランダの確率論と統計学』八朔社, 2014
 ・江頭 進 : 吉野裕介『ハイエクの経済思想――自由な社会の未来像』勁草書房, 2014

 

『経済学史研究』57巻1号(2015年7月)


目次

論文
Series: Japanese Historians of Economic Thought <7>
Shigeyoshi Senga, Takuya Hatori on the Study of Classical Economics, 1-24. (全文

Series: Genesis of the History of Economics <4>
西沢保「イギリスにおける経済学史研究の形成――1870年代-1920年代――」, 25-50. (全文

大塚雄太「ファーガスンからスミスへ――「注釈」にみる初期ガルヴェの道徳哲学――」, 51-72. (全文

荒井智行「D. スチュアートの過剰人口論――アダム・スミスの中国論との比較を通じて――」, 73-95. (全文

第12回研究奨励賞受賞作講評, 96-97. (全文
桑田学『経済的思考の転回――世紀転換期の統治と科学をめぐる知の系譜』以文社, 2014年
吉野裕介『ハイエクの経済思想――自由な社会の未来像』勁草書房, 2014年

書評全文
 ・田中秀夫 : Christopher J. Berry, The Idea of Commercial Society in the Scottish Enlightenment, Edinburgh University Press, 2013
 ・奥田 敬 : Luigino Bruni, The Genesis and Ethos of the Market, Palgrave Macmillan, 2012
 ・福田進治 : Gilbert Faccarello and Masashi Izumo, eds., The Reception of David Ricardo in Continental Europe and Japan, Routledge, 2014
 ・Anna Carabelli : Atsushi Komine, Keynes and his Contemporaries: Tradition and Enterprise in the Cambridge School of Economics, Routledge, 2014
 ・山田正範 : Lawrence A. Scaff, Max Weber in America, Princeton University Press, 2011
 ・山?耕一 : 安藤裕介『商業・専制・世論――フランス啓蒙の「政治経済学」と統治原理の転換』創文社, 2014
 ・安藤隆穂 : 坂本達哉『社会思想の歴史――マキアヴェリからロールズまで』名古屋大学出版会, 2014
 ・篠原 久 : 田中秀夫編『野蛮と啓蒙――経済思想史からの接近』京都大学学術出版会, 2014
 ・川脇慎也 : ニコラス・フィリップソン(永井大輔訳)『アダム・スミスとその時代』白水社, 2014
 
Corrigendum全文
プリンタ用画面
前
58巻(2016-2017)
カテゴリートップ
『経済学史研究』
次
56巻(2014-2015)

ページの終端です。ページの先頭に戻る