ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  経済学史学会  >  『経済学史研究』  >  59巻(2017-2018)

『経済学史研究』59巻2号(2018年1月)


目次

論文
Series: War and Economics〈2〉
Shigeyoshi Senga, War among the Sovereign States and the Generation of Economics, 1-18.

Series: War and Economics〈3〉
Tsutomu Hashimoto, A Fundamental Economic Thought Problem on Peace and War since the Cold War: A Critical Appraisal of E. Schumacher, J. Galbraith, and K. Boulding, 19-34.

仲北浦淳基 「D. H. ロバートソンの「実物」的経済変動論― 『産業変動の研究』における「努力」概念―」,35-55.

松山直樹 「 経済騎士道の伝統― マーシャルからケインズへ―」,56-74.

河野裕康 「ヒルファディングの経済政策論と 1927 年農業綱領」,75-95.

塩見由梨 「ジェイムズ・ステュアートの商業論」,96-117.

English Translation Series: Japanese Historians of Economic Thought〈5〉
Takuya Hatori, Early Period Ricardo’s Theories of Value and Distribution Translated by Robert Chapeskie and Shigeyoshi Senga, 118-61.

Notes and Communications
西淳 「オーストリア学派とケインズ経済学の生産構造における共通性について ― 柴田敬のケインズ理解―」,162-67.

Maria Cristina Marcuzzo, Following in Shionoya's Footsteps. Perfectionism and in Keynes’s Political Philosophy, 168-80.

書評
 ・西本和見 : Kenneth J. Arrow, Kristen Renwick Monroe, and Nicholas Monroe Lampros, eds., wtih a foreword by Amartya Sen, On Ethics and Economics: Conversations with Kenneth J. Arrow, Routledge, 2016
 ・中川辰洋 : Anne-Claire Hoyng, Turgot et Adam Smith: Une e?trange proximite?, Champion, 2015
 ・中澤信彦 : Steven Kates, Defending the History of Economic Thought, Edward Elgar, 2013
 ・加藤 健 : Thomas C. Leonard, Illiberal Reformers: Race, Eugenics, and American Economics in the Progressive Era, Princeton University Press, 2016
 ・宮本順介 : Ajit Sinha, A Revolution in Economic Theory: The Economics of Piero Sraffa, Palgrave Macmillan, 2016
 ・袴田兆彦 : 伊藤宣広『投機は経済を安定させるのか? ― ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』を読み直す』現代書館,2016
 ・上山敬補 : アマルティア・セン(山形浩生 訳) 『インドから考える― 子どもたちが微笑む世界へ』NTT 出版,2016
 ・米田昇平 : 中川辰洋『カンティヨン経済理論研究』 日本経済評論社,2016
 ・佐々木憲介: 長尾伸一『複数世界の思想史』 名古屋大学出版会,2015
 ・小野寺研太: 野沢敏治『内田義彦― 日本のスミスを求めて』 社会評論社,2016

『経済学史研究』59巻1号(2017年7月)


目次

論文
Series: War and Economics <1>
Kuniaki Makino, Japanese Economists on Imperialism and Total War: Tanzan Ishibashi and His Peers, 1-20.

山本崇史「ピグー貿易論におけるマーシャル理論の継承と応用――『財政の研究』に即して――」, 21-42.

若松直幸「リカードウ『原理』第29章における公債制度論」, 43-62.

English Translation Series: Japanese Historians of Economic Thought <4>
Noboru Kobayashi, Historical Critique in Wealth of Nations: A Perspective on Books III and IV, Translated by Robert Chapeskie and Masaharu Hattori, 63-90.

第14回経済学史学会研究奨励賞受賞作講評, 91-92.
論文賞 南森茂太「神田孝平における『人民』」『経済学史研究』57巻2号,2016年1月

第1回経済学史学会賞受賞作講評, 93-94.
村松茂美『ブリテン問題とヨーロッパ連邦――フレッチャーと初期啓蒙』京都大学学術出版会,2013年

Notes and Communications
安藤隆穂 The Mizuta Library of Rare Books in the History of European Social Thought: A Catalogue of the Collection held at Nagoya University Library, edited by Eriko Nakai; & preface by Tatsuya Sakamoto, Edition Synapse, Routledge, 2014, xxxv+315 pp., 95-98.

書評
 ・小林 純 : Jose Luis Cardoso and Michalis Psalidopoulos, eds., The German Historical School and European Economic Thought, Routledge, 2016
 ・Yuichi Kimura : Michel De Vroey, A History of Macroeconomics from Keynes to Lucas and Beyond, Cambridge University Press, 2016
 ・武藤 功 : Paul Erickson, The World the Game Theorists Made, University of Chicago Press, 2015
 ・佐藤滋正 : Susumu Takenaga, ed., Ricardo and the Japanese Economic Thought: Selection of Ricardo Studies in Japan during the Interwar Period, Routledge, 2016
 ・Kayoko Misaki : Michael H. Turk, The Idea of History in Constructing Economics, Routledge, 2016
 ・篠原 久 : 荒井智行『スコットランド経済学の再生――デュガルド・スチュアートの経済思想』昭和堂,2016
 ・藤田菜々子 : 伊東光晴『ガルブレイス――アメリカ資本主義との格闘』岩波書店,2016
          根井雅弘『ガルブレイス――異端派経済学者の肖像』白水社,2016
 ・千賀重義 : 稲葉振一郎『不平等との闘い――ルソーからピケティまで』文芸新書,2016
         橘木俊詔『新しい幸福論』岩波新書,2016
 ・結城剛志 : 太田仁樹『論戦 マルクス主義理論史研究』御茶の水書房,2016
 ・西岡幹雄 : 小室正紀編著『幕藩制転換期の経済思想』慶應義塾大学出版会,2016
 ・工藤秀明 : ピエール=ジョセフ・プルードン(斉藤悦則訳)『貧困の哲学(上)(下)』平凡社,2014
 ・瀬尾 崇 : 山本泰三編『認知資本主義――21世紀のポリティカル・エコノミー』ナカニシヤ出版,2016
プリンタ用画面
前
執筆要綱
カテゴリートップ
『経済学史研究』
次
58巻(2016-2017)

ページの終端です。ページの先頭に戻る