ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  経済学史学会  >  『経済学史研究』  >  59巻(2017-2018)

『経済学史研究』59巻1号(2017年7月)


目次

論文
Series: War and Economics <1>
Kuniaki Makino, Japanese Economists on Imperialism and Total War: Tanzan Ishibashi and His Peers, 1-20.

山本崇史「ピグー貿易論におけるマーシャル理論の継承と応用――『財政の研究』に即して――」, 21-42.

若松直幸「リカードウ『原理』第29章における公債制度論」, 43-62.

English Translation Series: Japanese Historians of Economic Thought <4>
Noboru Kobayashi, Historical Critique in Wealth of Nations: A Perspective on Books III and IV, Translated by Robert Chapeskie and Masaharu Hattori, 63-90.

第14回経済学史学会研究奨励賞受賞作講評, 91-92.
論文賞 南森茂太「神田孝平における『人民』」『経済学史研究』57巻2号,2016年1月

第1回経済学史学会賞受賞作講評, 93-94.
村松茂美『ブリテン問題とヨーロッパ連邦――フレッチャーと初期啓蒙』京都大学学術出版会,2013年

Notes and Communications
安藤隆穂 The Mizuta Library of Rare Books in the History of European Social Thought: A Catalogue of the Collection held at Nagoya University Library, edited by Eriko Nakai; & preface by Tatsuya Sakamoto, Edition Synapse, Routledge, 2014, xxxv+315 pp., 95-98.

書評
 ・小林 純 : Jose Luis Cardoso and Michalis Psalidopoulos, eds., The German Historical School and European Economic Thought, Routledge, 2016
 ・Yuichi Kimura : Michel De Vroey, A History of Macroeconomics from Keynes to Lucas and Beyond, Cambridge University Press, 2016
 ・武藤 功 : Paul Erickson, The World the Game Theorists Made, University of Chicago Press, 2015
 ・佐藤滋正 : Susumu Takenaga, ed., Ricardo and the Japanese Economic Thought: Selection of Ricardo Studies in Japan during the Interwar Period, Routledge, 2016
 ・Kayoko Misaki : Michael H. Turk, The Idea of History in Constructing Economics, Routledge, 2016
 ・篠原 久 : 荒井智行『スコットランド経済学の再生――デュガルド・スチュアートの経済思想』昭和堂,2016
 ・藤田菜々子 : 伊東光晴『ガルブレイス――アメリカ資本主義との格闘』岩波書店,2016
          根井雅弘『ガルブレイス――異端派経済学者の肖像』白水社,2016
 ・千賀重義 : 稲葉振一郎『不平等との闘い――ルソーからピケティまで』文芸新書,2016
         橘木俊詔『新しい幸福論』岩波新書,2016
 ・結城剛志 : 太田仁樹『論戦 マルクス主義理論史研究』御茶の水書房,2016
 ・西岡幹雄 : 小室正紀編著『幕藩制転換期の経済思想』慶應義塾大学出版会,2016
 ・工藤秀明 : ピエール=ジョセフ・プルードン(斉藤悦則訳)『貧困の哲学(上)(下)』平凡社,2014
 ・瀬尾 崇 : 山本泰三編『認知資本主義――21世紀のポリティカル・エコノミー』ナカニシヤ出版,2016
プリンタ用画面
前
執筆要綱
カテゴリートップ
『経済学史研究』
次
58巻(2016-2017)

ページの終端です。ページの先頭に戻る