ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  経済学史学会  >  部会  >  関西部会  >  2016年度

関西部会(2016年度)


関西部会第171回例会


日時:2016年12月17日(土)13:00 -17:30
場所:近畿大学

第1報告(13:00-14:00)
論題:19 世紀イギリスにおけるキリスト教的社会主義の運動と影響
   ―─J.M.ラドローを中心に
報告者:王量亮(大阪大学(院))

第2報告(14:15-15:15)
論題:フランク・ナイトの懐疑的自由主義
   ──人間研究を基礎とするナイトの根本思想
報告者:周防健翔(大阪大学(院))

合評会(15:30-17:30)
大黒弘慈著『模倣と権力の経済学─―貨幣の価値を変えよ<思想史篇>』
     『マルクスと贋金づくりたち─―貨幣の価値を変えよ<理論篇>』
     (岩波書店、2015 年・2016 年)
コメント:竹本 洋(関西学院大学(名))・大友敏明(立教大学)
リプライ:大黒弘慈(京都大学)


関西部会第170回例会


日時:2016年7月9日(土)13:00-18:00
場所:中京大学

第1報告(13:30-14:30)
演題:モンクレティアンにおける économie politique の生成
報告者:谷田利文(大阪大谷大学・京都大学非常勤講師)

第2報告(14:50-15:50)
演題:スミスとピケティの不平等論と富裕層課税論
報告者:新村聡(岡山大学)

第 3 報告(16:10-17:10)
演題:堀経夫文書とフォックスウェル文書
   ――整理と公開
報告者:井上琢智(元関西学院大学)
プリンタ用画面
カテゴリートップ
関西部会
次
2015年度

ページの終端です。ページの先頭に戻る