ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  経済学史学会  >  『経済学史研究』  >  投稿規程

『経済学史研究』投稿規程


公募論文

  1. 本学会の会則に則り、経済学史、社会・経済思想史の研究成果を広く公募する。論文は未公刊のものに限る。

  2. 投稿資格は本学会の会員・非会員を問わない。審査料・掲載料については、いずれの場合も無料とする。

  3. 『経済学史研究』編集委員会は、各論文につき複数のレフェリーに審査を依頼し、その結果を受けて、採否・保留の最終判定を行う。採用・保留の場合でも、執筆者に書き直しを求める場合がある。

  4. 『経済学史研究』に掲載される文章はすべて、経済学史学会が著作権を保有する。

  5. 論文の形態について、次のような指針を定める。

  6. 5.1 本文の使用言語は、原則として日本語および英語とする(原典部分についてはこの限りでない)。

    5.2 論文の長さは原則として、タイトル・末尾注・図表・数式および参考文献を含め、和文の場合で28,000字以内(400字詰で70枚分)、英文の場合で8,000words以内とする。

    5.3 和文・英文いずれの場合も、タイトル・執筆者名を含めて約250words(300wordsを超えないこと)の英文要旨を付けること。なお、タイトル・要旨について、英語を母語とする者に事前にチェックを受けること。

    5.4 タイトルの下に、JEL分類番号(https://www.aeaweb.org/jel/guide/jel.php 例:B22,B31,I31)を3つ以内で示すこと。

    5.5 その他、論文スタイルや執筆要項については、経済学史学会のサイトhttp://jshet.net/ を参照のこと。

  7. 論文投稿は随時、受け付ける。

  8. 論文原稿はワープロソフト「ワード」で作成すること。論文原稿には、投稿者(論文執筆者)氏名、論文タイトル、総字数、住所、電話番号、Eメールアドレスを記載した表紙を添付すること。また、論文原稿本体には、論文タイトルのみを記載し、投稿者氏名は記載しないこと。作成した論文ファイル(表紙を添付したもの)は下記のEメールアドレス宛に送付すること。Eメールによる送付が不可能な場合は下記の住所に郵送すること。


Notes and Communications

  1. 投稿の内容は、以下の2つとする。

  2. a. 経済学史、社会・経済思想史の研究にかかわる問題提起(新研究・新資料の紹介と論評を含む)、和文5,000字、英文1,500words.

    b. 『経済学史研究』掲載の論文、特集・研究動向、書評などに対する反論や批評、和文2,000字、英文600words.

  3. 他の規定は、公募論文の規定に準じるが、編集委員会の判断で審査の手続きを簡略にすることがある。


論文・原稿の送付先:
Eメール:izumo [at mark] kanagawa-u.ac.jp
郵便:〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋 3-27-1
神奈川大学経済学部 出雲雅志研究室気付『経済学史研究』編集委員会

投稿論文・原稿に関する連絡・問い合わせ先:
上のEメール・アドレスまでお願いします。

編集委員会
出雲雅志(委員長)、石田教子、板井広明(事務局)、木村雄一、小林純、大黒弘慈、恒木健太郎、本郷亮、御崎加代子

International Advisory Board
Richard Arena, Pascal Bridel, Samuel Hollander, Bertram Schefold, John Vint
プリンタ用画面
カテゴリートップ
『経済学史研究』
次
執筆要綱

ページの終端です。ページの先頭に戻る