ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  スケジュール  >  経済学史学会関西部会第174回例会

今後の予定(スケジュール)

予定表 -詳細情報-

件名 経済学史学会関西部会第174回例会
開始日時 2018年 7月 14日 (土曜日)   14時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 7月 14日 (土曜日)   18時00分 (GMT+09:00)
場所 大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー セミナー室202
連絡先 吉野 裕介氏 ysn[at]mecl.chukyo-u.ac.jp
詳細
経済学史学会関西部会第174回例会(共催:摂南大学経済学部)

日時:2018年7月14日(土)14時から18時頃まで(13時半より受付開始)
会場: 大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー セミナー室202
    アクセス http://www.oit.ac.jp/institution/access/index.html
    教室配置図 http://www.oit.ac.jp/institution/overview/index.html
住所:大阪市北区茶屋町1番45号

【プログラム】
14:00- 第1部 合評会 藤田菜々子『福祉世界――福祉国家は越えられるか』(中公選書)
http://www.chuko.co.jp/zenshu/2017/10/110029.html
14:05-14:25 評者1. 加藤雅俊 氏(立命館大学・非会員)
主著:『福祉国家再編の政治学的分析―オーストラリアを事例として』(御茶の水書房,2012年) http://amzn.asia/3iRhGIM
14:25-14:45 評者2. 若森みどり 会員(大阪市立大学)
14:45-15:00 著者リプライ 藤田菜々子 会員(名古屋市立大学)
15:00-15:40 全体討論 
15:40-16:00 休憩

16:00- 第2部 エリック・ホブズボーム『いかに世界を変革するか――マルクスとマルクス主義の200年』(作品社)をめぐって  http://www.sakuhinsha.com/history/25293.html
16:00-16:30 報告者1.植村邦彦 会員(関西大学)「ホブズボームのマルクス・エンゲルス論:第1部を中心にして」(仮題)
16:30-17:00 報告者2.千葉伸明 氏(非会員)「マルクス主義の影響力:第2部を中心にして」(仮題)
17:00-17:45 水田洋会員よりコメント その後全体討論


17:45-18:00 2018年度経済学史学会関西部会総会 

18:30-20:30 懇親会
会場: リストランテ翔21 http://ristorante-sho21.com/ (例会と同じビルの21階です)
会費: 6000円前後(定職者と非定職者で傾斜して金額を決定いたします)

経済学史学会関西部会幹事:吉野裕介(中京大学)、若森みどり(大阪市立大学)、大塚雄太(名古屋経済大学)、牧野邦昭(摂南大学)
会場校世話人:牧野邦昭
カテゴリー 関西部会,部会
投稿者 master_k
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 5月 23日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する

カレンダー

前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>

新たに登録された予定

[19年01月12日] 経済理論史研究会
[18年12月22日] 第63回経済思想研究会
[18年12月18日] Political Economy Tokyo Seimnar (PoETS)
[19年04月27日] 経済学史研究会 第247回例会
[18年12月16日] ポスト・ケインズ派経済学研究会
他 624 件

検索

ページの終端です。ページの先頭に戻る