予定表 -詳細情報-

件名 ポスト・ケインズ派経済学研究会
開始日時 2018年 12月 16日 (日曜日)   13時30分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 12月 16日 (日曜日)   18時00分 (GMT+09:00)
場所 早稲田大学早稲田キャンパス3号館7階703教室
連絡先 内藤敦之氏qwc03332(at)nifty.ne.jp
詳細 ポスト・ケインズ派経済学研究会
http://js4pke.jp/blog/

12月16日(日) 午後1時半-6時
早稲田大学早稲田キャンパス3号館7階703教室 (エスカレーターを使用してください。エレベーターは 止まりません)
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

13:30-14:40 報告1
On China’s long-run growth 1952-2015?factor contributions to the
profit rate.
Zhiming LONG(Tsinghua University)
(Published in Structural Change and Economic Dynamics Volume 44, March
2018, Pages 14-22)
司会:藤森頼明(早稲田大学)

14:45-15:45 報告2
「デフレ経済における資産効果の検討 ?ピグー効果、ケインズ効果等のミクロ的基礎?」
黒岩 直(東京福祉大学)
司会:渡辺和則(二松學舍大学)

15:55-16:55 報告3
「パシネッティ『ケインズとケンブリッジのケインジアン』から考えるポストケインズ派多部門モデルの特徴と課題」
黒瀬一弘(東北大学)
参考文献:黒瀬一弘(2018)「書評:パシネッティ『ケインズとケンブリッジのケインジアン』」,『季刊経済理論』第55巻第3号,pp. 82-86
司会:内藤敦之(大月短期大学)

17:00-18:00 報告4
「マルクス的経済成長モデルにおける生産ラグ」
浅田統一郎(中央大学)
司会:佐々木啓明(京都大学)


研究会終了後、懇親会を予定しております。多くの方々の参加をお待ちいたします。

PK研幹事 藤森頼明、笠松學、渡辺和則、浅田統一郎、石倉雅男、吉田博之、佐々木啓明、内藤敦之
カテゴリー ポスト・ケインズ派経済学研究会,研究会
投稿者 master_k
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 12月 11日 (火曜日)
piCal-0.8




この予定は JSHET.NET にて作成されました
https://jshet.net