• 件名 : 立教大学経済研究所国際シンポ
  • 日付 : 
  • 場所 : 立教大学12号地下1階第1・2会議室
  • 連絡先 : 佐藤 有史氏: ysato(at)rikkyo.ac.jp

立教大学経済研究所主催公開国際シンポジウムのお知らせ

経済学史学会会員の皆さま

立教大学経済研究所では,フランス・オーストリアから5名の著名な研究者の方々を招聘し,きたる11月23日(土曜日)に公開国際シンポジウム「18
世紀フランス経済学とその後の経済学に与えた影響について」を開催いたします。どなたもご自由にご参加できますので,どうぞふるってご参加ください。

なお,シンポジウム終了後に懇親会を予定しております。参加をご希望される方は,事前にご一報いただけますなら大変助かります。

経済研究所長

佐藤 有史

(ysato(at)rikkyo.ac.jp)

*プログラム(以下,敬称略)*

日時:2019年11月23日(土)13:20~18:30

場所:立教大学12号地下1階第1・2会議室

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

http://www.rikkyo.ac.jp/access/

総合司会者:黒木 龍三(立教大学・名)

13:20∼13:30 開会の辞

13:30~14:30 第1報告

報告者:T. デマル(リール大学)/A. イアール(リール大学)

「重農主義と19 世紀初期のスコットランド経済学に与えた影響」

討論者:野原 慎司(東京大学)

14:40~15:40 第2報告

報告者:G. ファッカレロ(パリ第2大学・名)

「古典派経済学とフランス感覚論派経済学の遺産」

討論者:竹永 進(大東文化大学)

15:40~16:10 コーヒーブレーク

16:10~17:10 第3報告

報告者:C. ゲルケ(グラーツ大学)

「重農主義のイギリス古典派経済学への影響」

討論者:佐藤 有史(立教大学)

17:20~18:20 第4報告

報告者:P. シュタイナー(ソルボンヌ大学)

「道徳・政治科学: 重農主義からフランス古典派経済学へ」

討論者:安藤 裕介(立教大学)

18:20∼18:30 閉会の辞

19:00~21:00 懇親会(タンテ・グラッツィエ,会費5,000円予定。非定職者割引も予定)

※ 本国際会議は,科研費基盤研究(C)17K03646(研究代表者:黒木龍三)の共催を受けています。

*※※ *使用言語は英語(通訳なし)です。

※※※ 立教大学ではEduroamが利用可能です。

※※※※ 懇親会にご参加される方は,できるだけ事前に佐藤までその旨をお知らせいただければ大変助かります。

The Announcement of the International Symposium on the Eighteenth Century’s
French Political Economy on 23th November 2019

The Rikkyo Institute of Economic Research

This symposium will be open to the public. We hope many participants will
gather there.

Program

The Venue: Build. No. 12, first and second meeting rooms on the first
basement floor

(The Campus Map: http://english.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/)

Chair: Ryuzo KUROKI (Rikkyo University, Tokyo, emeritus)

Opening Address 13:20~13:30

Session 1. 13:30~14:30

Thierry DEMALS and Alexandra HYARD (University of Lille, Lille)

‘Physiocracy and Scottish Political Economy in the Early 19th Century’.

Discussant: Shinji NOHARA (University of Tokyo, Tokyo)

Session 2. 14:40~15:40

Gilbert FACCARELLO (Panthéon-Assas University, Paris)

‘Classical Economics and the Legacy of French Sensationist Political
Economy’

Discussant: Susumu TAKENAGA (Daito Bunka University, Tokyo)

Coffee Break 15:40~16:10

Session 3. 16:10~17:10

Christian GHERKE (University of Graz, Graz)

‘Physiocratic Influences on the British Classical Political Economists’

Discussant: Yuji SATO (Rikkyo University, Tokyo)

Session 4. 17:20~18:20

Philippe STEINER (Sorbonne University, Paris)

‘The “sciences morales et politiques”: from Physiocracy to French
Classical Political Economy’

Discussant: Yusuke ANDO (Rikkyo University, Tokyo)

Concluding Remarks 18:20~18:30

Farewell Party 19:00~21:00

1) Power Point facilities available.

2) Eduroam JP available

3) Please contact us:

Director of the Rikkyo Institute of Economic Research, Rikkyo University

Yuji SATO

(ysato(at)rikkyo.ac.jp)