第19回経済学史学会研究奨励賞の募集要項が決定しました。募集期間は、2021年10月31日までです。

第19回経済学史学会研究奨励賞募集要項

  1. 推薦者・被推薦者

推薦者ならびに被推薦者は、ともに学会員でなければならない。1人の推薦者が推薦できる被推薦著作物は1件以上とする(複数著作物の推薦も可能)。

  1. 推薦対象著作物

(1) 刊行時40歳未満の会員の過去 3年以内(2018年11月1日から2021年10月31日まで)に刊行された著作物(単著単行本に限る)のうち、会員から推薦のあった著作物および『経済学史研究』(以下『研究』)の書評対象となった著作物を本賞の審査対象とする。自薦を受け付ける。

(2) 刊行時40歳未満の会員の過去 3年以内(2018年 11月 1日から 2021年 10月 31日まで)に刊行された論文のうち、会員から推薦のあったものを論文賞の審査対象とする。自薦は受け付けない。

(3) 著作は、ISBN番号が振られているものに限る。

(4) 論文は、ISSN番号が振られているもの、あるいは、ISBN番号が振られているものに収録されているものに限る。

(5) 『研究』第 62巻 2号、第63巻1号の書評対象とされた著書(単著)等の中で被推薦者の資格を満たす著者の著書(単著)を本賞の審査対象とする。

(6) 『研究』第 62巻 2号、第63巻1号に掲載された公募論文の中で被推薦者の資格を満たす著者の論文を論文賞の審査対象とする。

  1. 推薦公募期間

『経済学史学会ニュース』第58号到着時から 2021年10月31日(郵便等の消印有効)まで。

  1. 送付書類等

推薦書(PDFWORD)、推薦理由書(PDFWORD)。
対象候補作現物の送付は不要です。

  1. 送付書類等の送付先

郵送:
564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
関西大学経済学部
中澤信彦研究室気付
経済学史学会学会賞(研究奨励賞)審査委員会
あるいは
E-mail:
nakazawa [at mark] kansai-u.ac.jp

  1. 受賞作品の発表ならびに授与式は 2022年5月の第86回大会において行う 。
  1. 審査結果は『経済学史学会ニュース』に公表し、その講評は『経済学史研究』に掲載する。

付記:この件に関する問い合わせ先は上記5を参照してください。