• 件名 : 第18回一橋哲学・社会思想セミナー(10/12)⇒台風接近のため延期(開催日未定)
  • 日付 : 
  • 場所 : 一橋大学国立キャンパス 第3研究館 多目的室(1階)
  • 連絡先 : 上野大樹氏:h.ueno83(at)gmail.com

下記の要領で研究会が開催されますので、ご案内差し上げます。
野原慎司氏と私とで翻訳しました『啓蒙とはなにか』の合評会です。
ふるってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

****************************************

公共性の思想史へ(5): ジョン・ロバートソン『啓蒙とは何か』邦訳と啓蒙研究の最新動向

日時: 2019年10月12日(土)13時30分~
場所: 一橋大学国立キャンパス 第3研究館 多目的室(1階)
https://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

13:30 – 14:00 野原慎司(東京大学)
「ジョン・ロバートソンの啓蒙研究を巡って」
14:00 – 14:30 林直樹(尾道市立大学)
「ロバートソンはなぜカッシーラーを批判したか:ロバートソン『啓蒙』の特徴と問題点」
14:40 – 15:10 森村敏己(一橋大学)
「インテレクチュアル・ヒストリーとしての啓蒙研究:ジョン・ロバートソン『啓蒙とはなにか』を手がかりに」
15:30 – 17:00 全体討論

討論者: 淵田仁(一橋大学)
司会: 上野大樹(一橋大学)

開催趣旨:
啓蒙思想研究は、この四半世紀以上にわたってケンブリッジ学派の文脈主義にもとづく初期近代思想史の研究蓄積から大きな影響を受けており、
日本でもポーコックの議論が精力的に導入されてきた。他方、ポーコック以降の世代のケンブリッジの研究状況はまだあまり紹介されておらず、
その意味でジョン・ロバートソン『啓蒙とはなにか』の翻訳の意義は大きい。
ポーコックの「複数形の啓蒙」論とそれに対するロバートソンの批判は、ジョナサン・イスラエルの急進的啓蒙論にもつながっている。
今回は同書の邦訳者である野原慎司氏と林直樹氏を招聘し、同書での議論を踏まえつつ最新の啓蒙研究について自由に語ってもらう予定である。

※ 終了後、懇親会を予定しています。参加予定の方は前日までに、上野(h.ueno83(at)gmail.com)までご連絡いただければ幸いです。

****************************************

林 直樹
尾道市立大学