• 件名 : 第13回J.バトラー研究会
  • 日付 : 
  • 場所 : オンライン(Zoom)
  • 連絡先 : 有江大介(横浜国立大学名誉教授)

第1報告:「バトラーの『類比』」 大久保正健氏
 『宗教の類比』(あるいは『類比』)という簡略なタイトルで呼ばれるバトラーの主著の表題は、The Analogy of Religion, Natural and Revealed, to the Constitution and Course of Nature (自然の構成と運行に基づいた自然宗教と啓示宗教の類比)である。今回の報告では、このタイトルと本書の記述内容を手掛かりに、類比の論理がバトラーの神学をどのように使用され、その結果としてどのような体系が提示されているか、ということを概観する。

第2報告:「ジョゼフ・バトラーとアダム・スミスの比較分析」 太田浩之氏
 本報告の主題は、ジョゼフ・バトラーとアダム・スミスとを比較するための、いくつかの論点を提示することである。バトラーとスミスとの関係を主題とした研究はこれまでにほとんど展開されていないが、このことは、両者の間に密接な関係を想定することができない、ということを必ずしも意味するわけではない。本報告では、バトラーとスミスとの関係を分析する際に着目すべき論点を提示することで、両者の関係を複数の観点から考察することが可能であると論じる。
————————
 バトラーは、説教者・神学者・思想家として理神論批判や蓋然性論などによってヒュームをはじめ、商業社会が拡大する18世紀ブリテン知性史全般に多大な影響を与えたにもかかわらず、忘れられた思想家になりかかっています。当時の思想状況とそれ以降の展開についてご関心ある方々の参加を歓迎致します。

 参加希望の方は、当日プログラムなどの詳しい「案内」を横浜国大経済学部のホームページに掲載いたしましたので、以下のいずれかからミーティングURL、ID、パスワードの入手方法などをご確認ください。

 <掲載場所>
  ・Topページ  
   https://www.econ.ynu.ac.jp/
  ・ニュース&インフォメーション(経済学専攻)   
   https://www.economics.ynu.ac.jp/index.html
  ・研究会・プロジェクト・公開講座の新着情報(経済学専攻)
   https://www.economics.ynu.ac.jp/research/index.html

 なお、Zoom開催でのセキュリティを考慮し、研究会メンバーを含め、前日(11/27・土)までに上記HPで指示されているフォームにて参加申し込みをされた方々に、当日(11/28・日)午前中までにミーティングURLなど参加に必要なデータを送信致します。