• 件名 : 経済学史研究会第256回例会
  • 日付 : 
  • 場所 : オンライン(Zoom)
  • 連絡先 : 山本由起子(事務局 kgshet[at mark]tetsushi-harada.com )

経済学史研究会第256回例会のご案内

日 時: 2021年12月4日(土)午後1:30より
開催方法: Zoomによるオンラインでの開催

 とくにスラッファ関係をご研究の方々などに興味深く思われる例会として、まとめてみました。第Ⅱ部は英語で行なわれます。
ご出席の方は11月30日(火)までに事務局(山本由起子)までメールでお伝えください。アドレスはkgshet[at mark]tetsushi-harada.com です。その後、12月2日(木)または3日(金)に、発信アドレス宛にZoomのURLその他をお送りします。当日の万が一のアクシデントに備え、例会中に通話できるお電話番号もいただければ幸いです(任意)。
もちろんスラッファ関係者以外の方々も含めて、皆様のふるってのご出席を呼びかけます!

原田哲史
経済学史研究会 世話人

Ⅰ(13:30-15:15)
報告者: 平野嘉孝(富山県立大学)
論 題: 商品が主体の意味を考える
参考文献: 平野嘉孝「スラッファの存続可能性概念について」、名古屋大学『経済科学』第67巻第3号(2020年3月)、145~157頁
https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/29861#.YVwMDtrP02w
討論者: 吉田雅明(専修大学)

II (15:30-17:15)
報告者: 有賀裕二(中央大学(名誉))
論 題: The Ways of Prof. Schefold’s Recent Thinking around the Transitions of Cambridge Critique — Motivated by Schefold (2021): Transformations of the Cambridge Critique (In: The Indian Economic Journal, Vol. 69, Issue 2, Jun. 2021, the Issue in memory of Krishna Bharadwaj, pp. 241-254)
参考文献: Yuji ARUKA: The evolution of the exchange process: from the decentralized to the distributed digital exchange. In: Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 17, Sept. 2012, pp. 379-398.
https://doi.org/10.1007/s40844-020-00183-0
討論者: ベルトラム・シェフォールト(ドイツ・フランクフルト大学 (J.W.ゲーテ大学) )
シェフォールト氏には、ドイツ・フランクルトからオンラインで参加していただきます。

・コロナ禍に鑑み、例会後の懇親会は中止いたします。
・なお、第257回例会は2022年4月23日(土)を予定しています。

 

The 256th Meeting of the KG Society for the History of Economic Thought

Date: 4 December 2021: 13:30-17:15
Venue: This meeting will be held online by “Zoom”.
Please contact us by e-mail till end 30 November, if you participate. Then we will send “Zoom”-URL etc. to your e-mail address on 2 or 3 December. Our e-mail address is: kgshet[at mark]tetsushi-harada.com

I (13:30-15:15)

Presenter: Yoshitaka HIRANO (Toyama Prefectural University)
Title: On the Thesis “Commodities as Subjects”
Discussant: Masaaki YOSHIDA (Senshu University)

II (15:30-17:15, held in English)

Presenter: Yuji ARUKA (Chuo University, Professor emeritus)
Title: The Ways of Prof. Schefold’s Recent Thinking around the Transitions of Cambridge Critique — Motivated by Schefold (2021): Transformations of the Cambridge Critique (In: The Indian Economic Journal, Vol. 69, Issue 2, Jun. 2021, the Issue in memory of Krishna Bharadwaj, pp. 241-254)
Discussant: Bertram SCHEFOLD (J.W. Goehte-Universität Franfkurt a.M. / Germany), simultaneously online from Frankfurt a. M.