『経済学史』は経済学史学会が発行する学会誌です。1963年に『経済学史学会年報』として第1号が創刊され、2004年の第46号まで年1回で刊行されてきました。
2001年の第39号のときに年2号体制(原則として、7月と1月に発行)に改められました。
2005年の第47巻から現在の名称に変更され、今までの号を巻に読み替えると同時に、巻の下に号を新設しました。
なお、1989年の第27巻から公募論文の査読制を導入しました。

投稿規程
執筆要網
J-STAGE

『経済学史研究』61巻2号(2020年1月)

論文

Abstract:

参考文献:

Abstract:

参考文献:

English Translation Series: Japanese Historians of Economic Thought<9>, Teruo Watanabe, Baudeauʼs Theory of Luxury, Translated by Robert Chapeskie and Shohei Yoneda

40-77

Abstract:

参考文献:

書評

Noriko Ishida

Samuel Barbour, James Cicarelli, and J. E. King: A History of American Economic Thought: Mainstream and Crosscurrents. London and New York: Routledge, 2018, xi+258 pp.

小峯 敦

Till Düppe and E. Roy Weintraub, eds.: A Contemporary Historiography of Economics. Abingdon, Oxon and New York: Routledge, 2019, x+218 pp.

隅田 聡一郎

Karl Marx( Thomas Kuczynski, hrsg.): Das Kapital: Kritik der politishen Ökonomie, Erster Band, Buch I: Der Produktionsprozess des Kapitals. Hamburg: VSA Verlag, 2017, lxxii+800 pp.

星野 彰男

Maria Pia Paganelli, Dennis C. Rasmussen, and Craig Smith, eds.: Adam Smith and Rousseau: Ethics, Politics, Economics. Edinburgh: Edinburgh University Press, 2018, x+332 pp.

Susumu Takenaga

Teinosuke Otani: Reading Marx’s Bitter Struggle from his Manuscripts for Capital. Tokyo: Sakurai Shoten, 2018, 582 pp.

泉 正樹

沖公祐『「富」なき時代の資本主義―マルクス『資本論』を読み直す』現代書館,2019年,222 頁

野原 慎司

バーリ・ゴードン(村井明彦訳)『古代・中世経済学史』晃洋書房,2018年,xiv+212+14 頁

仲北浦 淳基

牧野邦昭『経済学者たちの日米開戦―秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く』新潮社,2018年,270 頁

Susumu Takenaga

Marcello Musto (Japanese translation by Kei Ehara and Tsuyoshi Yuki): Another Marx: Early Manuscripts to the International and Last Marx. Tokyo: Horinouchi Shuppan, 2018, 504 pp.

大塚 雄太

諸田實『異色の経済学者 フリードリッヒ・リスト』春風社,2018年,248+x 頁

大槻 忠史

八木紀一郎・柳田芳伸編『埋もれし近代日本の経済学者たち』昭和堂,2018年,xxvi+321+xi 頁

堂目 卓生

マーク・A・ルッツ(馬場真光訳)『共通善の経済学―人間性重視の社会経済学・二百年の伝統』晃洋書房,2017年,xviii+372 頁+70 頁

田中 秀臣

若森章孝・植村邦彦『壊れゆく資本主義をどう生きるか―人種・国民・階級2.0』唯学書房,2017年,xxiv+396 頁